ニュース
» 2016年04月25日 15時30分 UPDATE

「業界最小」という小型モデルも:定格電圧600Vを実現したアルミ電解コンデンサー

ニチコンは、「TECHNO-FRONTIER 2016」(2016年4月20〜22日/幕張メッセ)で、定格電圧600Vと「業界最小」(同社)という小型サイズを実現したアルミ電解コンデンサーを展示した。

[庄司智昭,EE Times Japan]

最大使用温度105℃

ts160425_LGN01.jpg 定格電圧600Vを実現した「LGNシリーズ」 (クリックで拡大)

 ニチコンは、2016年4月20〜22日に幕張メッセで開催された「TECHNO-FRONTIER 2016(テクノフロンティア 2016)」の「第31回 電源システム展」で、同年4月18日に発表した2種類の基板自立形アルミ電解コンデンサーを展示した。

 1つは、定格電圧600Vを実現した「LGNシリーズ」である。インバーターの制御回路や太陽光発電に使用するパワーコンディショナーは、高効率化/省エネルギー化に伴い、高耐圧化が求められる。同社の従来製品は500Vまでのラインアップだったが、耐電圧酸化皮膜の電極箔、皮膜修復能力を高めた電解液、高耐電圧電解紙を新しく採用。電解液は組成の最適化を行ったことで、約20〜30%の高耐圧化を実現している。これにより、最大使用温度105℃で600Vに耐えるアルミ電解コンデンサーの開発に成功したという。

 静電容量範囲は56〜3300μF、サイズは直径20〜35mm/高さ25〜50mmとなっている。寿命は、105℃で3000時間。月産20万個を予定するとした。

ts160425_LGN02.jpg アルミ電解コンデンサーを直列接続して使用する場合に、「LGNシリーズ」を使うことで員数を削減しやすくなる。例えば、電圧1200Vに対しては、400V品の場合は3個が必要である。しかし、LGNシリーズでは2個での対応ができ、省スペース化に貢献するとしている 出典:ニチコン

体積比で16%の小型化

 2つ目は、「業界最小」(同社)を実現したという「LGMシリーズ」である。新しく開発した電極箔、耐久性の高い電解液/電解紙を採用し、体積比で最大16%の小型化に成功。従来製品の「LGLシリーズ」の最小サイズは直径25mm×高さ30mmだが、LGMシリーズは直径25mm×高さ25mmを実現した。産業機器や白物家電などの各種電源に向く。

ts160425_LGN03.jpg 体積比で最大16%の小型化に成功した「LGMシリーズ」 (クリックで拡大)

 静電容量範囲は180〜820μF、サイズは直径22〜35mm/高さ30〜45mmとなっている。使用温度範囲は−25〜105℃。寿命は105℃で2000時間だ。月産50万個の予定である。LGNシリーズ/LGMシリーズともに、2016年4月から量産を開始している。

TECHNO-FRONTIER 2016

TECHNO-FRONTIER2016特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.