ニュース
» 2016年04月26日 15時30分 UPDATE

TECHNO-FRONTIER 2016:TDS搭載EMIテストレシーバー、車載機器を80秒で?

ローデ・シュワルツ・ジャパンは、「TECHNO-FRONTIER 2016」(2016年4月20〜22日/幕張メッセ)で、ハイエンド向けEMIテストレシーバー「R&S ESW」シリーズを展示した。タイムドメインスキャン(TDS)を標準搭載しており、高速測定を可能にしているという。

[庄司智昭,EE Times Japan]

 ローデ・シュワルツ・ジャパンは、2016年4月20〜22日に幕張メッセで開催された「TECHNO-FRONTIER 2016」(テクノフロンティア 2016)で、同年2月に発表したハイエンド向けEMIテストレシーバー「R&S ESW」シリーズを展示した。

 R&S ESWシリーズは2Hzから測定可能で、−100dBmの感度を保証。40GHzでは、プリアンプ使用時で−160dBmの低感度を実現している。CISPR16-1-1に完全適合した高速FFTによるタイムドメインスキャン(TDS)を搭載し、高速測定を可能にした。パラレル検波も対応し、QP検波とAve検波を同時に行っても測定時間は変わらないという。

ts160426_ROHDE01.jpg ハイエンド向けEMIテストレシーバー「R&S ESW」。さまざまな機能を扱えるロータリーノブを2個標準搭載しており、作業効率を上げることが可能という (クリックで拡大)

 同社が公開している活用事例によると、QP検波を使用した車載機器の放射エミッション測定は従来、丸1日かけてデータを取得していた。R&S ESWシリーズのTDS測定では、メジャメントタイム1秒の測定でも約80秒で測定できるとしている。

2Hz〜8GHz/26.5GHz/44GHzの3種を展開

ts160426_ROHDE02.jpg プリセレクターの選択画面 (クリックで拡大)

 また、高性能なプリセレクターを採用。測定の対象となる周波数と異なる信号(ノイズ)を排除できるため、より高速な測定とダイナミックレンジ測定を可能とした。

 GUI(Graphical User Interface)では、設定画面を一覧で見ることができる機能や、ウィンドウサイズを自由に変えられる機能を新しく搭載。スペクトラムアナライザーとレシーバー画面を同時に表示することも可能とした。

 R&S ESWのラインアップは、周波数帯域2Hz〜8GHz/26.5GHz/44GHzの3種。本体価格は8GHzモデルで約1000万円。販売台数として年間50台を見込んでいるとした。

TECHNO-FRONTIER 2016

TECHNO-FRONTIER 2016特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.