ニュース
» 2016年05月09日 10時30分 UPDATE

TECHNO-FRONTIER 2016:磁場変動抑制機能を内蔵したコアレス電流センサー

旭化成エレクトロニクスは、「TECHNO-FRONTIER 2016」(2016年4月20〜22日/幕張メッセ)で、開発中の電流センサー「CZ-380x」シリーズを展示した。フェライトコアレスであるが、外乱磁場抑制機能を内蔵したことによってノイズの影響を低減。高精度な測定を可能にしたという。

[庄司智昭,EE Times Japan]

 旭化成エレクトロニクスは、2016年4月20〜22日に幕張メッセで開催された「TECHNO-FRONTIER 2016(テクノフロンティア 2016)」で、開発中のコアレス電流センサー「CZ-380x」シリーズを展示した。

 磁気センサーは、フェライトコアを用いることでノイズ電流を低減することが多い。同シリーズはフェライトコアレスでありながら、外乱磁場抑制機能を内蔵しているのが特徴だ。センサー内に導かれる電流が作る磁束を計測しつつ、外乱磁場のようにセンサーを包み込む磁束は排除する。これにより、ノイズの影響を低減し高精度な測定が可能であるとともに、コアレスにより表面実装を小さくできるという*)

*)同社のフェライトコアを搭載した電流センサー「CQ-2」シリーズのサイズは、最小で13.8×10×8.3mmとなっている。「CZ-380x」シリーズは8.1×11.5×2mmであるため、コアレス化により小型化を実現していることが分かる。

テクノフロンティア 2016で公開した電流センサー「CZ-3803」のデモ。写真では外乱磁場抑制機能をOFFにしているため、磁石による外部の磁場(ノイズ)の影響を受けていることが分かる (クリックで拡大)
外乱磁場抑制機能がONにしたときのデモ。磁石の影響を受けていない (クリックで拡大)

 説明員は、同シリーズの特徴として「ホール素子を使っているため、応答速度が2マイクロ秒と速い。また、動作温度範囲が−40〜125℃と広いこと」を挙げた。モーターのインバーターや、太陽光発電システムのパワーコンディショナーなどに向いている。

2017年春の販売開始を予定

 同シリーズのラインアップは、「CZ-3803」「CZ-3804」「CZ-3805」。電源電圧5V、消費電流12.5mA、1次導体抵抗は0.3mΩとなっている。詳細な仕様は下記に記す。

電流センサー「CZ-380x」シリーズの仕様
品番 感度(mV/A) 測定電流範囲(A) 最大実効電流(A)
CZ-3803 60 ±33 ±40
CZ-3804 40 ±50
CZ-3805 33 ±60
出典:旭化成エレクトロニクス

 サイズは、8.1×11.5×2mmである。2017年春の販売開始を予定するとした。

TECHNO-FRONTIER 2016

TECHNO-FRONTIER 2016特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.