ニュース
» 2016年05月20日 10時30分 UPDATE

前年同期比では3.8%減:16年第1四半期ウエハー出荷面積、3四半期ぶり増加

SEMIは、2016年第1四半期(1〜3月)の世界シリコンウエハー出荷面積が、25億3800万平方インチだったと発表した。前年同期比では3.8%減、前四半期比では1.3%増となっている。

[庄司智昭,EE Times Japan]

 SEMIは、2016年第1四半期(1〜3月)の世界シリコンウエハー出荷面積を発表した。

 同統計によると、2016年第1四半期のシリコンウエハー出荷面積は25億3800万平方インチ。2四半期連続で減少していたが、2015年第4四半期(10〜12月)の25億400万平方インチから1.3%増加した。前年同期比でみると、3.8%減となっている。

 SEMI Silicon Manufacturers Group会長のVolker Braetsch氏は、「シリコン出荷面積は2四半期連続で減少したが、直近の四半期で増加に転じたことを心強く思っている。2015年のウエハー面積は過去最高を記録したが、2016年がその数値を超えるかどうか、まだ分からない」と語る。

SEMIの発表資料を元に作成 (クリックで拡大)

 同統計はSEMI Silicon Manufacturers Groupによるシリコンウエハー業界の分析結果を基に算出。ウエハーメーカーがエンドユーザーに対して出荷した、バージンテストウエハー、エピウエハーを含むポリッシュドウエハーと、ノンポリッシュドウエハーを集計している。太陽電池用シリコンウエハーは含まれない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.