ニュース
» 2016年05月19日 14時12分 UPDATE

光源サイズ0.003mm2:ソニー、微細LEDの自発光ディスプレイを商品化

ソニーは2016年5月19日、画素ごとに微細なLED素子を配置した自発光ディスプレイを商品化すると発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 ソニーは2016年5月19日、画素ごとに赤/緑/青(RGB)の極めて微細なLED素子を配置した自発光の高画質ディスプレイ技術「CLEDIS」(クレディス)を用いたディスプレイシステムを2017年1〜3月に発売すると発表した。

CLEDIS技術を採用したディスプレイシステム(サイズ含めイメージ) (クリックで拡大) 出典:ソニー

 CLEDISは、ソニーが2012年に開発発表を行った“Crystal LED Display”の技術をベースに開発を続けてきたもの。当時、55型フルHDディスプレイを試作していた。

 商品化に至ったディスプレイシステムは、403×453mmの画面サイズを持つディスプレイユニットとディスプレイコントローラで構成される。RGBのLEDで構成する画素数は1ユニット当たり320×360個。フレームレートは、独自の画素駆動回路を用いて120フレーム/秒(fps)を実現している。ユニットの画面には枠がないため、ユニットを組み上げることで、目地のない大画面が構築できる。

 ディスプレイコントローラは、440×349×65mmで最大72台のディスプレイユニットをコントロールできる他、最大20台までコントローラを同期動作できる。最大入力解像度は1コントローラ当たり3840×2160ピクセル。

画面表面のイメージ。約0.003mm2の光源サイズを実現して、黒色が占める面積を99%以上にした 出典:ソニー

 ディスプレイユニットのRGBを1画素とする光源サイズは0.003mm2。その結果、画面表面の黒色が占める割合を99%以上とし、100万対1以上の高コントラストを実現する。

 視野角は、微細なLED素子に独自の工夫を施したことで、ほぼ180度を実現したという。色域はsRGB比(u'v')約140%としている。

 価格はオープン。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.