ニュース
» 2016年05月23日 10時30分 UPDATE

光周波数コムを高感度検出器として活用:マイクロ/ミリ波発生装置の雑音、100分の1に (1/3)

NTTと東京電機大学は、線スペクトルが等間隔で並んだレーザー光源「光周波数コム」を用いて、マイクロ波/ミリ波発生装置の雑音を従来の1/100に低減することに成功した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 NTTと東京電機大学は2016年5月、線スペクトルが等しい間隔で並んだレーザー光源である「光周波数コム」を用いて、マイクロ波/ミリ波発生装置の雑音を従来の1/100に低減することに成功したことを発表した。次世代の高速/大容量無線通信に向けた技術として注目される。

 一般的なマイクロ波/ミリ波発生装置は、高精度の水晶発振器を用いて周波数逓倍し、必要とする周波数を発生させている。この時、雑音も同時に増幅されてしまう。例えば、10MHzの水晶発振器を用いて1GHzのマイクロ波を発生させると、雑音も1万倍に拡大されるという。

 雑音を抑える方法はいくつかある。こうした中で、NTT物性科学基礎研究所(NTT物性研)は、「光のものさし」とも呼ばれる光周波数コムに注目し、これまで25GHz周波数間隔の光周波数コムを開発してきた。

光周波数コム (クリックで拡大) 出典:NTT

 NTT物性研が開発しているのは、位相変調器型の光周波数コムである。一般的なモード同期レーザー型の光周波数コムに比べて、数十GHzと繰返し周波数が高く、かつ繰返し可変の光パルス列の発生が容易、という特長を持つ。半面、中心波長から離れていくと雑音が増幅されて、スペクトル幅が拡大されるという課題もあった。

時間領域/周波数領域でのレーザーパルス (クリックで拡大)出典:NTT
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.