ニュース
» 2016年05月25日 12時07分 UPDATE

NHK技研公開2016で展示へ:シャープ、「世界初」8K放送受信機を開発

シャープは2016年5月25日、8K(スーパーハイビジョン)放送の受信機を開発したと発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 シャープは2016年5月25日、8K(スーパーハイビジョン)放送を受信できる高度広帯域衛星デジタル放送受信機を開発したと発表した。シャープでは、8K放送対応受信機の開発は「世界初」としている。

高度広帯域衛星デジタル放送受信機(開発中) 出典:シャープ

 開発した受信機は、2016年8月から始まる予定の8K試験放送に対応する専用受信機。シャープの8K映像モニター(型番:LV-85001)と接続することで、フルハイビジョンの16倍の解像度に相当する3300万画素の超高精細映像を表示できる。

4K放送マルチ編成/22.2Chにも対応

 4K画質で複数の番組を同時放送するマルチ編成放送受信に対応する他、8K放送の特長の1つである22.2チャンネル音声出力も行える。多彩な表現が行える新たな字幕や、新データ放送といったマルチメディアサービスにも対応している。

 シャープでは、開発した受信機を2016年5月26〜29日にNHK技術研究所の「技研公開2016」で展示する予定。また「2018年に予定されている8K実用放送の開始に向けて、8K/次世代放送関連機器の開発に取り組んでいく」(シャープ)との方針。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.