ニュース
» 2016年05月26日 07時30分 UPDATE

ミリ波(42GHz帯)利用装置も開発:NHKがマイクロ波による可搬型8K無線伝送装置

NHKは2016年5月、8K映像を無線伝送する可搬型装置を開発したと発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 NHKは2016年5月、8K(スーパーハイビジョン)映像/音声素材を無線伝送する可搬型装置としてミリ波利用装置とマイクロ波利用装置の2種類を開発したと発表した。

 開発した装置は、FPU(Field Pick-up Unit)と呼ばれる、映像/音声素材を屋外から放送局へ伝送する可搬型無線伝送装置だ。

開発した2種類の8K対応可搬型無線伝送装置(8K-FPU)。左がミリ波使用8K-FPU、右がマイクロ波使用8K-FPU (クリックで拡大) 出典:NHK

 42GHz帯のミリ波を利用する装置は、帯域幅109MHzの広帯域無線伝送技術と水平/垂直の両偏波を使った偏波MIMO技術を応用。200Mビット/秒(bps)以上の高品質伝送を実現したという。

ミリ波8K-FPUの主な仕様 出典:NHK

59km伝送の基礎実験にも成功

 もう1つの装置は、ハイビジョン用のFPUと同じ6〜7GHz帯のマイクロ波を利用し、8K素材を無線伝送する。帯域幅は17.5MHzの超多値OFDM伝導技術と偏波MIMO技術により、約200Mbpsの伝送を実現。伝送距離としても、59km離れた環境下で既に基礎実験に成功していて、長距離伝送に向く。

マイクロ波8K-FPUの主な仕様 出典:NHK

 開発した2種類のFPUは2016年5月26〜29日に開催される「技研公開2016」(会場:NHK 放送技術研究所/東京都世田谷区)で展示される。NHKでは、「今後、実用化に向けた実証と性能改善に努めるとともに、8K-FPUの標準規格化を進めていく」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.