連載
» 2016年06月06日 11時30分 UPDATE

製品分解で探るアジアの新トレンド(6):5000円 中国格安スマートウォッチの伸びしろ (1/3)

今回は、中国で5000円以下で売られていたiaiwaiのスマートウォッチ「C600」を解剖していく。ほとんど日本では知られていない製品だがGSM対応の通信機能などを持つ。分解してみると意外にも将来を見据えた設計となっていたのだった――

[清水洋治(テカナリエ),EE Times Japan]

BluetoothとGSMに対応

icon ↑↑↑>>>連載一覧へ<<<↑↑↑

 今回取り上げるのは、中国iaiwaiのスマートウォッチ「C600」だ。2016年に中国で入手したものである。

 仕様面での特長は次の通りだ。

  • BluetoothとGSMの2つの通信が可能なこと
  • スマートフォンとの連動が可能なこと
  • 活動量計、睡眠計などのモニタリングが可能なこと
  • タッチパネル操作が可能なこと
  • カメラが内蔵されていること

 このスマートウォッチのメーカーiaiwaiは実績のあるガジェットメーカーでスマートウォッチばかりでなく、タブレット端末なども製造・販売しているメーカーである。

 図1に、iaiwai C600の外観と画面の様子を掲載する。

図1:iaiwai(中国)のスマートウォッチ「C600」の外観と画面イメージ (クリックで拡大) 出典:テカナリエレポート
図2:「aiwa」のロゴ(上)と、「iaiwai」の香港での商標登録証

 iaiwaiの社名は若干年齢の高い日本人は、かつてあった日本のオーディオ機器ブランド「aiwa」(アイワ)に似ていると思われたかもしれない。

 図1の会社ロゴマークのようにフォントも文字の配分も「aiwa」に、ほぼ一致しているのだ(図2参照)。

 ただ、いわゆる「バッタもの」「パクリメーカー」ではなく、図2のように「iaiwai」を香港やシンガポールなどの販売を行う国や地域で商標登録を行っている。

5000円以下を感じさせない開封の喜び

 C600は図3に掲載するような立派な梱包箱で売られている。

図3:スマートウォッチ「C600」の梱包(こんぽう)、ベルト/アンテナの様子 (クリックで拡大) 出典:テカナリエレポート

 箱の内部は仕切りもあって、「中国の安物を買った」という感覚ではない開封の喜びを感じられる構造になっている。大きさはベゼル部で46×41×11mm、重さが49g。Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」の38mmモデルと比べると、ふた回りほど大きなものになっている。ディスプレイサイズは1.56型、解像度は240×240ピクセルとなっている。購入価格が5000円以下と安いものなので、Apple Watchは比較対象にはならないが「時計+スマートウォッチ」として使うには十分なスペックを持っている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.