ニュース
» 2016年06月14日 13時30分 UPDATE

約13億円投資し、生産規模2倍に:マクセル、スマートメーター用CR電池を増産へ

日立マクセルは2016年6月13日、円筒形二酸化マンガンリチウム電池(CR電池)の生産能力を現行の2倍に引き上げる増産計画を公表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

マイクロ電池増産投資の第2弾

 日立マクセルは2016年6月13日、スマートメーター向けに需要が急増している円筒形二酸化マンガンリチウム電池(CR電池)の生産能力を現行の2倍に引き上げる増産投資を実施すると発表した。設備投資額は約13億円。

2015年1月に完成した小野事業所新棟 出典:日立マクセル

 同社は、2014年4月に、円筒形CR電池を含むマイクロ電池の生産能力増強に向けて4年間で約40億円の投資を実施するとの方針を発表。その一環として、2015年3月末までに約18億円を投資し、マイクロ電池製造の中核拠点である小野事業所(兵庫県小野市)に新製造棟を建設、新製造ラインを導入し、自動車用CRコイン電池の生産増強を実施した。

 今回の円筒形CR電池の増強投資は、マイクロ電池増産投資の第2弾に位置付けられ、第1弾投資同様、小野事業所で投資を行う。投資規模は約13億円。2016年上期中に投入して、製造ラインを新設し、円筒形CR電池の生産能力を2倍にする計画。

 同社によると、ガス、水道用スマートメーターなどインフラ用途機器の需要が増加するのに合わせて、長期信頼性を確保した電池に対するニーズが高まり、マイクロ電池は欧米をはじめとした世界各地で成長機会が見込まれるという。マクセルでは「長年培った製造ノウハウを駆使した新規ラインを導入することにより生産性を大幅に向上させ、需要の拡大に応える」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.