ニュース
» 2016年06月17日 11時20分 UPDATE

IoTに照準:通信範囲4倍、速度2倍の「Bluetooth 5」を発表

Bluetooth SIG(Special Interest Group)は2016年6月16日、無線通信規格「Bluetooth」の最新バージョンとなる「Bluetooth 5」を発表した。

[庄司智昭,EE Times Japan]

コネクションレス型データブロードキャストの容量は8倍

 Bluetooth SIG(Special Interest Group)は2016年6月16日(米国時間)、無線通信規格「Bluetooth」の最新バージョンとなる「Bluetooth 5」を正式に発表した。これまでのバージョンに比べ、同じ消費電力で通信範囲が4倍に広がり、通信速度も2倍になるという。2016年末から2017年初めにリリースする予定だ。

【関連記事:Bluetooth SIG幹部が詳細明かす:Bluetooth 5、2Mbpsで100m、125Kbpsなら400m

Bluetoothのロゴ 出典:Bluetooth SIG

 既に一部報道があった通り、次期Bluetoothの名称は、Bluetooth 5になった。IoT(モノのインターネット)化の流れを見据え、さまざまな機器にBluetooth機能を組み込めるよう消費電力の増大を抑えながら、通信範囲を4倍にまで拡張できるようにした。これにより、「住宅全体および建物、屋外でのユースケースが現実となる」(Bluetooth SIG)とする。

 通信速度も従来比2倍に高速化し、応答性も最適化される。なお、コネクションレス型データブロードキャストの容量は8倍に拡張され、「ビーコン、位置情報、ナビゲーションなど、次世代のコネクションレス型サービスが推進される」(同)とする。

「2020年、IoTデバイスの3分の1以上にBluetoothが組み込まれる」

 Bluetooth SIGのエグゼクティブディレクターであるマーク・パウエル氏は、「現在、82億のBluetooth製品が使用されている。Bluetooth 5の機能拡張および既に計画されている将来的なBluetoothの技術的進歩により、2020年までに導入される全てのIoTデバイスの3分の1以上に、Bluetoothが組み込まれることになる」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.