特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2016年06月22日 11時30分 UPDATE

見据える先は「IoT」:ソニーの低消費ICはウェアラブルの希望になるか (3/3)

[庄司智昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

見据える先は「IoT」

 また、CXD5602を活用したプラットフォームはウェアラブル端末以外にも展開していく。仲野氏が所属するIoTビジネス部は、アルティア セミコンダクターと連携したIoTビジネスを推進していくため、2016年5月1日に新しく設立された。ウェアラブル端末向け以外にも、Machine to Machine(M2M)の領域などに対応していくという。

 「当社が20年以上開発を続けるGPSを始めとしたセンシングデバイスと、アルティア セミコンダクターのLTEチップを組み合わせ、IoT市場にも切り込んでいく」(仲野氏)

ソニーセミコンダクタソリューションズのIoTビジネス部で担当部長を務める仲野研一氏

 仲野氏は、「IoTの価値はデバイスからサービスまで含めたトータルソリューションにある。そのため、半導体デバイスをただ提供するのではなく、サービスまで考えた開発を進めなければならない。さまざまな用途に応じた、PMICや無線通信用LSIなどを組み合わせたシステムを展開し、多くの半導体デバイスを普及させたい」と語った。

前のページへ 1|2|3       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.