ニュース
» 2016年06月23日 09時30分 UPDATE

村田製「太陽光発電への新しい提案」:20年寿命、効率97%の1kWミニインバーターを発表

村田製作所は2016年6月22日、太陽光発電向け1kW出力のミニインバーターを開発したと発表した。同社独自のマルチレベル回路技術を適用し、設計寿命20年と効率97%を実現したという。

[庄司智昭,EE Times Japan]

独自のマルチ回路技術を適用

1kW出力のミニインバーター 出典:村田製作所

 村田製作所は2016年6月22日、太陽光発電向け1kW出力のミニインバーターを開発したと発表した。太陽光パネルと同等の設計寿命20年、効率97%を実現。太陽光発電システム全体のコスト削減が期待できる。

 一般的な太陽光発電ストリングインバーター(パワーコンディショナー)は、ストリング設計や配線工事が複雑で、影の影響を受けやすいなど環境耐性が低い。発電量の減少や発電停止、短寿命といった課題もある。米国では、これらの課題を解決するためにマイクロコンバーターが普及しつつあるが、コストが高く、変換効率が低いのが課題だ。

 同社が開発したミニインバーターは、ストリングインバーターとマイクロコンバーターの利点を融合した製品という。今回、独自の高効率マルチレベル回路技術を適用。マルチレベル回路技術で、インバーター内部の系統連系コイルにかかる電圧を2分の1以下に軽減してコイルの小型化を実現。また、スイッチング素子にかかる電圧も2分の1に軽減することで、スイッチング素子のオン抵抗を軽減し、変換効率改善を実現している。

 これにより、小型で高効率の1kWインバーターの開発に成功したとする。同社は、EE Times Japanの取材に対して「マルチレベル回路技術そのものは一般的だが、当社はマルチレベル回路方式の1種を特許として保有している」と語る。

 入力電圧は80〜250V、出力電圧は200V。防水規格はIP66に対応する。920MHz帯の通信機能を備えているため、HEMS(Home Energy Management System)やBEMS(Building Energy Management System)との連携が可能である。

 外形寸法は450×160×50mm。2017年度中の量産開始を予定しているとした。

訂正とお詫び:掲載当初、発表日を「2016年6月23日」と記載していましたが、正しくは「2016年6月22日」です。訂正して、お詫び致します。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.