ニュース
» 2016年07月05日 11時30分 UPDATE

さまざまな臆測が飛び交う:「iPhone 7」の写真が流出、カメラ性能が向上か

例年通りのことではあるが、Appleの次世代「iPhone」と思われる画像が流出している。それによれば「iPhone 7」(仮称)ではカメラ性能が向上すると推測されている。

[Nathan Eddy,EE Times]

次世代「iPhone」、大きく変わるのはカメラ?

 Appleの「iPhone 6s」は、高品質のカメラを搭載するスマートフォンの1つとして知られているが、2016年9月に発売予定とされる「iPhone 7」(仮称)には、さらに高性能なカメラを搭載されるようだ。

 フランスの技術ニュースサイト「Nowhereelse.fr」は、2016年6月25日のブログ記事にiPhone 7の流出写真を掲載した。この写真を見ると、iPhone 7は従来のiPhoneと比べてカメラセンサーの開口部が大きく、iPhone 7の大型モデル「iPhone 7 Plus」(仮称)ではデュアルカメラ構成が採用されるようだ。

「iPhone 7」(仮称)の流出写真 出典:Nowhereelse.fr

 Appleは2015年に、マルチレンズカメラシステムや深度計測技術を手掛けるイスラエルのLinX Computational Imagingを買収した。この発表以降、AppleがiPhoneのカメラを大きくアップグレードをするのではないかという臆測が流れていた。

 Appleは2016年1月に、デュアルカメラシステムの特許を出願した。これによって、iPhone 7のカメラに新機能が搭載される可能性が示唆されていた。

 現時点ではまだ、iPhone 7で背面カメラの出っ張りが解消されるかどうかは定かではない。iPhone 6は背面カメラが匡体からわずかに突き出た形状になっていて、デザインにうるさいユーザーから不満が挙がっていた。iPhone愛好者は、スマートフォンデザインの最高峰と広く認められるiPhoneに、より洗練されたデザインを求めている。

イヤフォンジャックとアンテナバンドも変わると予想

 iPhone 7の主要機能に関しては、カメラがアップグレードされるといううわさの他にも、さまざまな臆測が飛び交っている。

 その1つが、イヤフォンジャックがなくなるかもしれないといううわさだ。この変更は5.5型ディスプレイを備えるiPhone Plusモデルにのみ適用され、4.7型ディスプレイのモデルには従来通りのイヤフォンジャックが搭載される可能性もある。

 さらに、iPhone 6では匡体背面の上下約0.5インチ(約1.3cm)の位置に「D」の形に配置されているアンテナバンドが、iPhone 7では真下と真上のみになるという。

 Wall Street Journal紙は2016年6月21日に、複数の情報筋からの情報として、「Appleはこれまで2年おきにデザインを一新してきたが、iPhone 7はわずかな変更はあるものの、デザインは、ほぼ現行のままになる見通しだ」と報じた。

 記事は、「Appleは、iPhone誕生10周年となる2017年に大きな変更を行う予定だ」と伝えている。

【翻訳:滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.