連載
» 2016年07月14日 10時30分 UPDATE

福田昭のデバイス通信(78):「SEMICON West 2016」開催、半導体ビジネスの変革を迫る (1/2)

半導体製造関連の北米最大の展示会「SEMICON West 2016」が現在、カリフォルニア州サンフランシスコで開催中だ。今回のテーマは「これまでのビジネスは忘れろ」。そこから見えてくるのは、半導体産業が明らかに転換期に入ったということだ。

[福田昭,EE Times Japan]

半導体製造装置と半導体製造用材料に関する北米最大の展示会

 半導体製造装置と半導体製造用材料に関する北米最大の展示会「SEMICON West 2016」が始まった。会期は7月12日〜14日の3日間、会場は米国カリフォルニア州サンフランシスコのモスコーンセンター(Moscone Center)である。

「SEMICON West 2016」の会場であるモスコーンセンター(Moscone Center)の入り口。2016年7月11日(現地時間)に筆者が撮影した(クリックで拡大)

 初日(7月12日)の朝には主催者のSEMI(半導体製造装置・材料協会)が報道機関およびアナリストに向けた説明会を開催し、「SEMICON West 2016」の概要と、半導体製造装置と材料の市場動向、半導体製造の産業動向を解説した。

 「SEMICON West 2016」の出展社数は691社。前年の683社とほぼ同じ水準である。出展小間数は1235小間で、前年の1216小間とこれもほぼ変わらない。新規の出展社は130社で、前年の136社に比べると6社ほど減少した。とはいえ、50年を超える歴史がある半導体産業で、今でも出展者の2割近く(19%)が新規というのには少々、驚かされる。業界の新陳代謝が現在も活発であることの傍証といえるからだ。

 来場者数は前年の2万6000人強と、ほぼ同数を見込んでいる。前年の実績では、来場者の約40%がエンジニアリング職、来場者の約79%が製造装置や材料などの購入に関わっている。米国以外からの来場者は約17%を占める。

「SEMICON West 2016」の概要。展示会と講演会で構成される(クリックで拡大) 出典:SEMI
「SEMICON West 2016」の出展社と来場者の概要。会社名のリストは来場者の主な勤務先である(クリックで拡大) 出典:SEMI
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.