ニュース
» 2016年07月19日 10時17分 UPDATE

IoT市場で勝ちに行く:ソフトバンクがARMを3.3兆円で買収へ

ソフトバンクがARMを買収することで合意したと発表した。ソフトバンク社長の孫正義氏はIoT(モノのインターネット)市場がもたらすチャンスをつかむとコメントしている。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

3.3兆円で買収合意

 ソフトバンクは2016年7月18日、ARMを3.3兆円(約240億ポンド)で買収することで合意したと発表した。ARMの14億1200万株を、1株当たり17ポンドで取得する。3.3兆円のうち2.3兆円は手元資金で、1兆円はローンを当てる予定で、ソフトバンクは買収資金を全額確保済みとしている。買収は2016年9月30日までに完了する予定で、ARMのブランド名およびビジネスモデルは保持される。

関連記事:“IoTの勝者 ARM”買収でソフトバンクが狙うもの

 ソフトバンクの社長である孫正義氏は、ARMを買収することで「IoT(モノのインターネット)がもたらす重要なチャンスをつかむ」とコメントしている。

 ARMのCEOであるSimon Segars氏は、ビジネスは順調だったので積極的に売却先を探していたわけではない、としながらも、今回の買収案を受け入れた理由について「1つ目は、ARMの株主にとって魅力的な売却であること。2つ目は、売却しなかった場合よりも大きな未来を描けること。これら2つの条件をソフトバンクが満たしていたからだ」と説明している

“勝者”は、まだいないIoT市場

 IoT市場はまだ立ち上がったばかりであり、スマートフォン市場のような“勝者”はいない。ARMのターゲット市場はモバイル機器から家電、サーバなどのエンタープライズインフラ、自動車と幅広く、いずれの分野でもデバイス、チップ出荷数ともに伸びると予測されている。ソフトバンクはARMの技術を保有することで、IoT関連で新しいサービスや市場が立ち上がった際に、いち早く参入できる体制を整えることを狙っていると考えられる。

ARMのターゲット市場におけるデバイス/チップ出荷数の成長予測(クリックで拡大) 出典:ソフトバンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.