特集
» 2016年09月07日 11時30分 UPDATE

撮影機能が大幅に向上?:iPhone 7、デュアルカメラ搭載でどうなる? (1/2)

間もなく発表されるApple(アップル)の「iPhone 7」(仮称)。新型iPhoneの機能については、さまざまな媒体が既に報道しているが、中でも「デュアルカメラが搭載されるのではないか」といううわさに注目が集まっている。では、デュアルカメラが搭載されたとしたら、どのような利点があるのだろうか。

[Roy Fridman,EE Times]

デュアルカメラになる?

 2016年9月7日(米国時間)に、いよいよApple(アップル)の新型iPhoneが発表される。「iPhone 7」(仮称)で最も変わる部分はカメラだといわれている。最近のうわさでは、iPhone 7にはデュアルカメラが搭載され、より高画質で撮影できるとされている。

デュアルカメラが搭載されるとうわさされている新型iPhone

 デュアルカメラは複数の組み合わせが予想されているようだ。対称(どちらも13Mピクセルなど)、非対称(16Mピクセル+13Mピクセル)、モノクロ+ベイヤー(カラー)対応、広角レンズ+望遠レンズ、といった具合である。デュアルカメラの構成にすることで、スマートフォンメーカーは、本体は軽くて薄い(5mm以下など)まま、最先端のイメージング機能を実現できると考えられる。

 実際にどうなるのかは7日の発表を待つとして、デュアルカメラによってiPhoneの撮影機能はどのように向上するのだろうかを予想してみたい。

暗所での撮影性能が上がる

 スマートフォンのカメラで最大の課題となっているのが、光量が少ない所、つまり暗所での撮影である。色鮮やかなナイトマーケットや淡い照明の室内で写真を撮りたいこともあるだろう。画質を上げるには、イメージセンサーが取り込める光の量を増やす必要がある。

スマートフォンで美しい夜景を撮影できるようになるのだろうか

 では、デュアルカメラにすることで、どのように暗所での撮影性能を上げられるのだろうか。モノクロ+ベイヤーの構成だとすると、取り込む光の量は主にモノクロに依存することになる。モノクロセンサーからはカラーフィルターアレイが取り除かれ、各ピクセルは、ある特定の色をフィルタリングするのではなく、3つのRGBの画素を合わせることになる。モノクロ画像とカラー画像を合成することで、暗所で撮影した場合の画質は格段に向上する。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.