ニュース
» 2016年09月21日 15時30分 UPDATE

携帯/産業機器などへの実装も容易:東芝の15W受電用IC、Qi v1.2の認証を取得

東芝は、ワイヤレス給電受電用IC「TC7766WBG」に関して、WPC(Wireless Power Consortium)が策定した規格「Qi(チー)v1.2 EPP((Extended Power Profile)」の認証を取得した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

コンパクトなワイヤレス受電システムの構築が可能に

 東芝は2016年9月、ワイヤレス給電受電用IC「TC7766WBG」に関して、WPC(Wireless Power Consortium)が策定した無接点充電の国際規格「Qi(チー)v1.2 EPP((Extended Power Profile)」の認証を取得したと発表した。「15W受電可能なICとして認証を取得した唯一の製品」と同社は主張する。

ワイヤレス給電受電用IC「TC7766WBG」の外観

 TC7766WBGは、2015年11月に開発発表を行い、既に量産体制を整えている。ワイヤレス給電動作に必要となる整流回路やコントローラーなど全ての機能を搭載した。パッケージは、外形寸法が2.4×3.67×0.5mmと小さい28端子WCSPを採用している。このため、受電システムをより小型にすることが可能である。

 また、I2Cインタフェースを介して、TC7766WBGのレジスタにアクセスすることが可能となっている。この機能により、送電機器側との通信情報や動作状態を読み出し、必要に応じてモバイル機器などに表示させることができる。

 TC7766WBGは、電磁誘導方式を用いており、出力電力は最大15W、出力電流は最大1.7A、出力電圧設定は5〜14Vとなっている。今回認証されたのは15W向けの「TC7766WBG-M000」だが、同社は5W向けのBPP(Baseline Power Profile)に準拠した「TC7766WBG-M010」もすでに用意している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.