ニュース
» 2016年09月23日 11時30分 UPDATE

製品群は「極めて補完的」だが:オンセミ、フェアチャイルドブランドは維持せず (1/2)

2016年9月19日(米国時間)に、フェアチャイルド・セミコンダクターの買収完了を発表したオン・セミコンダクター。同社は、“世界初のICメーカー”の名は残さずに製品群を統合していく。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

ようやく買収が完了

 ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)は2016年9月19日(米国時間)、Fairchild Semiconductor(フェアチャイルド・セミコンダクター)の買収を完了したと発表した。買収金額は24億米ドル。これによって、1957年に創業し、「世界で初めて商用の半導体ICを実現した」といわれるフェアチャイルドは、オン・セミコンダクターの完全子会社となった。

フェアチャイルド・セミコンダクターのWebサイトのトップページをキャプチャーしたもの。既にオン・セミコンダクターのロゴが表示されている

 両社が買収合意を発表したのは2015年11月のことだ。その後、中国の政府系企業がフェアチャイルドに対抗買収を仕掛けた*)が、最終的には当初の合意通りとなった。

*)関連記事:中国企業がFairchildの買収合戦に乗り出す

 オン・セミコンダクターおよびフェアチャイルドの2015年度の売上高はそれぞれ約35億米ドル、約14億米ドルだったので、合計すれば約49億米ドルとなる。これは、2015年の半導体メーカー売上高ランキングの中では、17位のSanDiskと18位のNVIDIAの間に位置する。ちなみに同ランキングでオン・セミコンダクターは20位だったので、2つ順位を上げることになる。

フェアチャイルドブランドは維持せず

オン・セミコンダクターのMamoon Rashid氏

 オン・セミコンダクターで戦略的ビジネス・ベンチャー担当上級副社長を務めるMamoon Rashid(マムーン・ラシード)氏は、「今回の買収によってオン・セミコンダクターは、業界の中でも最も幅広い製品を扱うメーカーの1つとなった」と語る。

 Rashid氏によると、「フェアチャイルド」のブランドは維持しない方向だという。同氏は「(オン・セミコンダクターが注力している)自動車、通信、産業などの分野でブランド調査を行ったところ、『フェアチャイルド』よりも『オン・セミコンダクター』の方がよく知られていた」と話す。フェアチャイルドの日本法人は、オン・セミコンダクターの日本法人に統合される予定だ。その他、世界各国にある設計拠点は今後18カ月間で、どちらのどの拠点をどう利用するかを決めていくという。

 Rashid氏は、その際の重要な目的の1つとして、フェアチャイルドがアウトソースしてきた組み立ての工程を、オン・セミコンダクターの拠点に戻すことを挙げた。Rashid氏は「これまでフェアチャイルドはほとんどの製品の組み立てをアウトソースしてきた。オン・セミコンダクターが自社で行っている後工程は、コスト競争力を生みだす原動力の1つとなっている。そのため、アウトソースされているフェアチャイルドの後工程をオン・セミコンダクターに戻していく予定だ。これによって、コスト効率はさらに上がるだろう」と述べた。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.