ニュース
» 2016年09月27日 17時00分 UPDATE

CEATEC 2016 開催直前情報:AIで進化した卓球ロボットが今年も登場! オムロン

オムロンは、2016年10月4〜7日に開催される「CEATEC JAPAN 2016」に、「センシング&コントロール+Think」をテーマに掲げて出展する。毎年恒例の卓球ロボットも進化して登場予定だ!

[EE Times Japan]

「CPS/IoTの展示会」として実施

 2016年10月4〜7日の4日間、「CEATEC JAPAN 2016(シーテック ジャパン/以下、CEATEC 2016)」が、千葉・幕張メッセで開催される。2015年まで“最先端ITとエレクトロニクスの総合展”として開催されてきたCEATEC。今回からは「CPS(サイバーフィジカルシステム)/IoT(モノのインターネット)の展示会」として実施される。

 CEATEC 2016の開催に先立ち、アイティメディアが運営するEE Times Japan、EDN Japan、MONOist、スマートジャパン、TechFactoryの5メディアではCEATEC 2016の特設ページを設け、各編集部が厳選した注目企業の見どころ情報や新製品リリース、速報、イベントレポートを多数紹介していく→5メディア合同「CEATEC JAPAN 2016特集」

 本稿では、進化する卓球ロボットに注目のオムロンの出展内容について紹介する。

AIで進化した卓球ロボット

 同社は、展示テーマに「センシング&コントロール+Think」を掲げる。収集した情報を人にとって価値ある情報に変換して機械を制御する「センシング&コントロール」に、人の知恵を表す「Think」を加えた意味が込められているという。

 メインステージには、恒例の卓球ロボット「フォルフェウス(FORPHEUS)」が、人工知能(AI)で進化して登場。ディープラーニングを実装し、対戦者の卓球の上手/下手を瞬時に判断し、相手のレベルに合わせた返球を行うことで、互いの成長を図る。これにより、同社が目指す“人と機械が互いに成長する未来の姿”を紹介するとした。

 各コーナーでは、同社が特に注力する「モノづくり」「ヘルスケア」「モビリティ」分野の取り組みを、動作モデルやプレゼンテーションで展示。具体的には、自動運転のためのドライバー運転集中度センシング技術など、製品として発表する前の技術を体験できる予定だ(関連記事:オムロンがAI搭載センサーを発表、自動運転に適用へ)。

卓球ロボット「フォルフェウス」 (クリックで拡大) 出典:オムロン

 同社は、CPS/IoTの展示会となるCEATECに期待することとして、「さまざまな企業の経営幹部や技術者、研究者に対して、当社の考える“センシング&コントロール+Think”を知っていただくこと。また、技術者たちと、IoTやAIで変わるこれからの社会について広く意見交換し、オープンイノベーションの機会となること」と語った。

CEATEC JAPAN 2016(CEATEC 2016)

会期 2016年10月4日(火)〜7日(金)
時間 10:00〜17:00
会場 千葉・幕張メッセ
オムロン ブースNo.:3S94
CEATEC JAPAN 2016特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.