ニュース
» 2016年09月30日 10時30分 UPDATE

センサエキスポジャパン2016:Li二次電池の非破壊検査、磁気センサーを活用

セイコーNPCは、2016年9月28〜30日に東京ビッグサイトで開催されている「センサエキスポジャパン2016」で、リチウムイオン二次電池の非破壊検査について参考展示を行った。

[庄司智昭,EE Times Japan]

手間が掛からず短時間で検出を

磁気センサーと同期検波IC (クリックで拡大) 出典:セイコーNPC

 セイコーNPCは、2016年9月28〜30日に東京ビッグサイトで開催されている「センサエキスポジャパン2016」で、電磁材料研究所と共同で研究する、磁気アレイセンサーを用いたリチウムイオン(Li)二次電池の非破壊検査について参考展示を行った。

 リチウムイオン電池に欠陥や破損がないかを検査するには、X線や超音波によるスキャンが一般的に行われている。セイコーNPCと電磁材料研究所の研究では、リチウムイオン二次電池の内部電流を磁気センサーで直接検出。外部電極が直接測定できなかった電流を、手間が掛からず短時間に検出できる。また、スキャンでは、検査前の音や振動によるノイズが影響することがあったが、その心配もないという。

 同検査の構成は、電磁材料研究所の磁気センサー「GIGS」を2次元アレイ上に配置し、セイコーNPCが複数の同期検波回路をICに集積化したものとなっている。

 同研究は、科学技術振興機構(JST)の研究成果最適展開支援プログラム「A-STEP」に採択されている。担当者は、「顧客の“したいこと”を実現する、当社のノイズ除去や温度補正などの技術を用いることで、早期の製品化を目指したい」と語った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.