ニュース
» 2016年10月05日 11時30分 UPDATE

生体認証の開発進む:虹彩認証でスマホのパスワードが不要に

Tessera Technologiesの完全子会社である米FotoNationは、一連の新しい生体認証アルゴリズムを開発したと発表した。顔認識および虹彩認識技術を適用することで、スマートフォンのパスワードを不要にすることが可能だという。

[R Colin Johnson,EE Times]

虹彩認識でスマホのパスワード不要に

 FotoNationでゼネラルマネジャーを務めるSumat Mehra氏は、「当社は、これまで10年以上にわたり、ニコンをはじめとする数多くのカメラメーカーやスマートフォンメーカーに向けて、“赤目軽減”アルゴリズムのライセンスを供与してきた。このため、これらのメーカー各社は、当社の新しいアルゴリズムを容易に採用することができるだろう」と述べている。

 同氏は、「FotoNationは業界で初めて、フラッシュを2つ使わなくても赤目を軽減することが可能な、アルゴリズムの開発に成功した。このアルゴリズムは現在、10品種中9品種のカメラに採用されている」と述べる。

FotoNationの画像処理アルゴリズムは、ニコンをはじめとする多くの主要カメラメーカーで採用されてきた実績を持つ。しかし同社は今回、スマートフォン向け生体認証技術である顔認識や虹彩認証市場へ新たに進出することを発表した(クリックで拡大)(出典:FotoNation)

 Mehra氏は、「当社のアルゴリズムはもともと、ホストアプリケーションプロセッサ上でソフトウェアとして動作していた。しかし今回、ライセンス供与が可能なハードウェアアクセラレーターIP(Intellectual Property)を独自開発したことにより、処理時間を100ミリ秒に低減しながら、ハッカーの攻撃にも耐え得る性能を実現した」と述べている。同社のアルゴリズムは2014年当時、スマートフォン市場全体の60%に採用されていた。また同社は、2015年にMirlinを買収し、個人の顔の特徴を追尾する虹彩認証の実現に向け、生体認証IPを取得している。

 Mehta氏は、「当社は現在、カメラやスマートフォン市場において圧倒的な優位性を確立しているが、今後は自動車市場や監視市場などでも新たな可能性を求めていきたい考えだ。Mirlinの虹彩認証技術はこれまでに、欧州の空港や、戦闘機のパイロット認証で採用されている他、イラクでは人物の識別に使われるなど、実績を積み重ねてきた」と述べる。

FotoNationの技術は、富士通やSamsung Electronics(サムスン電子)が製造している端末に搭載されている生体認証技術よりも信頼性が高く、ガラスの有無も関係ないという(クリックで拡大) 出典:FotoNation

 FotoNationによると、優れた虹彩認証を実現するさまざまなアルゴリズムが存在する中で、クラウドコンピューティングリソースへの接続が不要なのは、同社のIPだけだという。Mehta氏は、「当社と互角の競合企業の他人受入率(FAR:False Acceptance Rate)が、1万分の1であるのに対し、当社は、スタンドアロンモードの動作時で、1000万分の1を実現している。これほどまでの精度を達成できたのは、両目の虹彩を同時に追跡する顔認証を実現することに成功したからだ」と主張する。

FotoNationの技術の推移(クリックで拡大) 出典:FotoNation

 FotoNationのアルゴリズムは、ユーザーデータ上でディープラーニング(深層学習)を実行するマルチレイヤーニューラルネットワークをベースとしている。顔の特徴も追跡できるため、ユーザーがスマートフォンを凝視する必要がない。またMehta氏によると、ユーザーの顔写真を撮影することにより、なりすましを防ぐことも可能だという。

【翻訳:田中留美、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.