ニュース
» 2016年10月06日 11時30分 UPDATE

金曜日までだよ!:CEATECの「IoTタウン」、初出展ばかりで面白い (1/3)

CPS/IoTの展示会として開催されている「CEATEC JAPAN 2016」(2016年10月4〜7日/千葉市幕張メッセ)。生まれ変わったCEATECで、主催者が特別企画として展示しているのが「IoTタウン」である。本記事では、初出展となる企業を中心に、IoTタウンの様子を画像で紹介する。

[庄司智昭,EE Times Japan]

特別企画「IoTタウン」

 2016年10月4〜7日に千葉市幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2016」。“家電の見本市”の印象が強い同展示会だが、2016年から「CPS(サイバーフィジカルシステム)/IoT(モノのインターネット)の展示会」として開催されている。

 生まれ変わったCEATECが、特別企画として展示しているのが「IoTタウン」である。IT・エレクトロニクスを利用するさまざまなユーザー企業が、IoTタウンに集まることで、新たなビジネスモデルにつながるアイデアやパートナーと出会うことが狙いという。

特別企画展示「IoTタウン」の様子 (クリックで拡大)

 IoTタウンでは、「社会」「街」「家」の3つの利用シーンごとにCPS/IoTによって創り出される新しいモノやサービスが披露されている。2015年の企画展示「NEXTストリート」を大幅に拡充したもので、初出展6社を含む、計10社が出展している。

 本記事では、初出展となる企業を中心に、IoTタウンの様子を写真を中心に紹介していく。

JTBグループ

 初出展となるJTBプランニングネットワークとJTBアセットマネジメントは、「近未来型スマート店舗」をテーマにした展示を行っている。近未来型スマート店舗とは、旅行パンフレットとWebサービス、実店舗が一体となった販促の形という。

 JTBプランニングネットワーク営業企画部の企画・SPソリューションチームで課長代理を務める和泉一代氏は、「CEATECに出展することで、JTBグループ内も含めて、近未来型スマート店舗というコンセプトの認知度を高めていきたい。各社の製品やソリューションと協力して、旅を通じて“つながり”が得られるといいなと思っている」と語る。

 展示で特に面白かったのは、アスカネットのAIプレートを利用したデジタルサイネージ「空中ディスプレイ」だ。空中に像を結合させる特殊ガラス「エアリアルイメージングプレート」にセンサーを組み合わせることで、空中に浮かぶ映像をタップして操作可能。1m角と大きなサイズで、動画や写真を通じて世界各国への旅行体験ができる。

アスカネットのAIプレートを使用したデジタルサイネージ「空中ディスプレイ」。体験した男性は、思わず「すげえ……」と声を漏らしていた (クリックで拡大)

 JTBプランニングネットワークは、「通常のデジタルサイネージとは違う、集客性の高い特殊なサイネージ」と語る。既に一部の店舗で、試験的に導入されているようだ。

 また、自撮り共有プラットフォーム「ナリキリスポット」も面白い。メディアタージとアマネクが共同したナリキリスポットは、観光地など特定の場所にひもづいた自撮りができ、スマートフォンアプリですぐにダウンロードが可能となっている。京都にある店舗で1週間試験的に設置したところ、訪日観光客を中心に反響があったという。

自撮り共有プラットフォーム「ナリキリスポット」。担当者が「へのへのもへじ」で撮影してくれた。何だかシュールだ。旅行先でみんなでやると楽しそう! (クリックで拡大)

 和泉氏は、「近未来型スマート店舗では、旅行者それぞれの好みや、過去に行ったことのある場所のデータがたまっていく。それらのデータを活用して、ユーザーの満足度向上につながる旅行商品リコメンドなどを進めていきたい」と語った。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.