ニュース
» 2016年10月20日 16時20分 UPDATE

部品数、実装面積を3割以上削減:「Apollo Lake」向けPMIC、ロームが量産開始

ロームは、Intel製プロセッサ「Apollo Lake」向けパワーマネジメントIC(PMIC)「BD2670MWV」の量産出荷を始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

PMICの動作状態を解析/制御する回路も内蔵

 ロームは2016年10月、Intel製の新型プロセッサ「Apollo Lake」向けパワーマネジメントIC(PMIC)「BD2670MWV」の量産出荷を始めたと発表した。新型プロセッサを搭載したクラウドブックやタブレット端末などの消費電力低減や小型、薄型化を可能とする。

パワーマネジメントIC「BD2670MWV」の外観

 BD2670MWVは、Apollo Lakeが要求する全ての電源系統をワンチップに集積した。パッケージは外形寸法が8.00×8.00×1.00mmの「UQFN68AV8080」で供給する。多くの周辺部品も同時に取り込んでおり、これらの電源回路をディスクリート部品で構成した場合に比べて、部品点数を38%、実装面積を33%、それぞれ削減することが可能になるという。

 BD2670MWVは、電源機能に加えてパワーコントロールロジック回路も内蔵している。これにより、I2Cインタフェースを介してPMIC内部の動作状態を解析/制御することができる。安定した電圧を供給することによって、電源異常によるCPUの誤動作を防ぐことが可能になるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.