連載
» 2016年11月10日 11時30分 UPDATE

製品分解で探るアジアの新トレンド(10):Xiaomiのドラレコ、そのプロセッサの正体は? (1/2)

中国のXiaomi(シャオミ)は、スマートフォン以外の分野にも触手を伸ばし始めている。その一例がドライブレコーダー(ドラレコ)だ。同製品を分解したところ、使われているプロセッサは米Ambarella製で、パッケージだけカスタマイズしているように見えたのだったが……。

[清水洋治(テカナリエ),EE Times Japan]

スマホ以外に触手を伸ばすシャオミ

icon ↑↑↑>>>連載一覧へ<<<↑↑↑

 2016年、その勢いに若干の陰りが出た中国Xiaomi(シャオミ)だが、スマートフォン以外の分野にも触手を伸ばしている。アクションカメラやリストバンド型のウェアラブル機器、ネットワークルーターなどである。

 アクションカメラは「Xiaomi Yi Camera」という名称で日本でも入手可能だ。「中華GoPro」とか「価格5分の1アクションカム」などと呼ばれている。「Xiaomi Yi」は”シャオミー・イー”と読むらしい。

 そんなXiaomiのYi Cameraが、図1のようにドライブレコーダー分野にも進出し始めている。型名は「Xiaomi Yi Camera」に1文字加わった「Xiaomi Yi Car Camera」になっている。ネーミングには何のひねりもないのだが、「Car」の文字が加わっているということで、車載用途に合わせたセットで販売されている。

図1:中国で発売されるXiaomiのドライブレコーダー「Xiaomi Yi Car Camera」(クリックで拡大) 出典:テカナリエレポート

 この車載セットには、シガーソケットからの給電が可能になるアダプター、カメラ本体をダッシュボード、ルームミラー脇に設置するためのホルダーが含まれる。ドライブレコーダーとしては、オールインワンのパッケージ内容となっており、購入後すぐに設置と稼働が可能だ(台湾製のドライブレコーダーとほぼ同じ)。また、このドライブレコーダーにはADAS(先進運転支援システム)機能として、

  1. 前方衝突防止アラーム:前の車との接近を知らせる
  2. レーンキープアシスト:車線からの逸脱をピーという警告音で知らせる
  3. 前車スタート通知:前の車のスタートをブザーで知らせる

などの機能が備わっている。

米Ambarellaのプロセッサは、“隠れたコモディティチップ”

 内部は中国、台湾製のチップや部品で構成されている。中国GigaDevice Semiconductorのメモリや台湾RealtekのWi-Fiチップ、MediaTek(元Ricktek)のDC-DCコンバーターなどだ。図2は、分解の様子である。内部にはカメラユニット(レンズとCMOSセンサー)、信号処理基板と各種インタフェース(USBやSDカードスロット)があるだけだ。

 大抵の場合、安価なアクションカメラとドライブレコーダー、監視カメラの構造はほぼ共通だ。モーターなどを有した機構がなく、レンズ、CMOSセンサー、カメラプロセッサだけで構成されている。

図2:Xiaomi Yi Car Cameraを分解している様子(クリックで拡大) 出典:テカナリエレポート

 2016年、当社(テカナリエ)は数多くのADAS機能付きのドライブレコーダーを分解した。その多くには米Ambarellaのプロセッサが活用されている。具体的には、「A7」「A7L」「A9」「A12」などだ。これらのチップは、アクションカメラの“本家”と言っても過言ではない、GoProの「HERO」にも採用されており、アクションカメラ、監視カメラ、ドライブレコーダーの「隠れたコモディティチップ」になっている。特に2016年は、最新チップの1つであるA12が売りとなっており、A12を搭載したドライブレコーダーが中国などからも続々と販売されている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.