ニュース
» 2016年11月16日 10時30分 UPDATE

走行中の高精細映像伝送に活用:5Gで自動運転車を遠隔管制、ドコモとDeNAが実験

NTTドコモとDeNAが、5G(第5世代移動通信)を活用した自動運転車両の遠隔管制に向け、実証実験を進めることで合意した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

走行中の車両の映像伝送に5Gを活用

 NTTドコモとディー・エヌ・エー(DeNA)は2016年11月11日、自動運転車の遠隔管制に5G(第5世代移動通信)を活用すべく、共同で実証実験を進めることで合意した。

 この取り組みは、運転手のいない自動運転車両の遠隔管制を実現するために、自動運転車両と遠隔地にいるオペレーターの間を5Gで接続するというもの。まずは、自動運転車両に取り付けたカメラで、走行中の周辺映像を取得し、5Gで伝送する実験から始める。

 NTTドコモは、世界屈指の規模で5Gの研究開発を進めている。現在は通信機器メーカーや計測機器メーカー、半導体メーカーなど、5G向けの技術開発を進める主要なメーカー13社と提携し、積極的に研究や実証実験を進めている。一方のDeNAは、さまざまな領域でインターネットビジネスを手掛けてきたという強みを生かし、自動運転技術や最先端のインフラを組み合わせて、サービスをエンドユーザーに届ける事業に取り組んでいる。

今回の実証実験の概要。5Gによる高精細画像のストリーミングによって、自動運転車両の遠隔管制の実現を目指す 出典:NTTドコモ

 なお、2016年11月17〜18日に「ドコモR&Dセンタ」(神奈川県横須賀市)で開催するイベント「DOCOMO R&D Open House 2016」では、DeNAの無人運転バス「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」に搭載したカメラで撮影した映像を、5Gで伝送するデモが行われる予定だ。

5G(第5世代移動通信)特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.