ニュース
» 2016年11月17日 13時58分 UPDATE

Infineonがデモ動画を公開:「ルービック・キューブ」を0.637秒で解く

Infineon Technologies(インフィニオン・テクノロジー)が、同社のマイコンを搭載したロボットが「ルービック・キューブ」をわずか0.637秒で解く動画を公開した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

「ルービック・キューブ」を0.637秒で

 Infineon Technologies(インフィニオン・テクノロジー)が、同社のチップを搭載したロボット「Sub1 Reloaded」で、「ルービック・キューブ」を0.637秒で解くデモを、「electronica 2016」(2016年11月8〜11日、ドイツ・ミュンヘン)で披露した。これまで人間がルービック・キューブを解いた最速記録は4.9秒で、これはギネスに登録されているという。

「electronica 2016」で披露したデモの様子(クリックで拡大) 出典:Infineon Technologies

 Sub1 Reloadedには、Infineonの「AURIX」ファミリーのマイコンなどが搭載されている。AURIXマイコンは、同ロボットではモーター制御を担っている。AURIXは、自動運転システムにも使われているマイコンだ。

 今回のデモでは、センサーカメラでルービック・キューブの6面を撮影し、それらの画像を基にマイコンで最速の解法を演算する。その後、モーターの動作に必要なコマンドをパワー半導体に送ると、ルービック・キューブの各面に1個ずつ置かれた計6個のモーターが高速で稼働してパズルを回し、0.637秒という超高速でルービック・キューブを解いたのだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.