ニュース
» 2016年11月21日 09時30分 UPDATE

ET2016レポート:“よく飛ぶ”無線モジュール、見通しで7km以上

インタープランは、「Embedded Technology 2016」「IoT Technology 2016」(2016年11月16〜18日/パシフィコ横浜)で、組み込み用無線モジュール「IM920」を展示した。同製品は920MHz帯の独自プロトコルで無線通信を行い、通信距離7km以上を実現するという。

[庄司智昭,EE Times Japan]

アンテナの地上高が高いと15km以上

 インタープランは、2016年11月16〜18日にパシフィコ横浜で開催された「Embedded Technology 2016(ET 2016)」「IoT Technology 2016」で、組み込み用無線モジュール「IM920」を展示した。

 同製品は、920MHz帯の独自プロトコルで無線通信を行う。最大の特長は、“よく飛ぶ”ことである。50kビット/秒の高速モードと、スペクトラム拡散を使用した1.25kビット/秒の長距離モードをコマンドで切り替えでき、長距離モードでは通信距離7km以上を実現する(高速モードでは、約500m)。また、アンテナ地上高を海抜約180mと高くして実験したところ、15km以上の通信距離を実現したという。

組み込み用無線モジュール「IM920」 (クリックで拡大)

 同社の武田洋一氏は、「(ECサイトの)Amazonで購入できるなど、手軽に使えることもメリットだ。2013年に発表後、工場や医療、農業などで導入されている」と語る。

 IM920のサイズは30×40×5mmで、動作温度範囲は−20〜80℃となっている。送信出力は0.1mW、1mW、10mWをコマンドで設定可能。受信感度は、長距離モードで約−112dBmである。動作電圧は2.0〜3.6Vで、消費電流は送信時が26mA(0.1mW時)、受信時は27mA(typ)、スタンバイ時は5μA(typ)。金属筐体を使用する場合などに向く外部アンテナタイプと、データ通信専用の小型タイプもそろえた。

JASA特別賞を受賞

 IM920は、ET2016出展物を対象にした表彰「ET/IoT Technologyアワード」において、新規出展社、中小・中堅企業部門表彰に相当する「JASA(組込みシステム技術協会)特別賞」を受賞した。

 JASAは、「920MHz帯の無線通信が手軽に使用でき、低消費電力の実用的な製品。企画から開発、設計、製造まで一貫して行える技術力、入手ルートも整備しクイックスタートを可能としたビジネス利便性への配慮などを評価した」とコメントしている。

ET 2016/IoT Technology 2016

ET 2016/IoT Technology 2016特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.