コラム
» 2016年12月01日 09時30分 UPDATE

MacBook Proに搭載:新チップ「T1」でApple製品の可能性は広がる?

「Touch Bar」などの新しい機能を搭載したAppleの「MacBook Pro」。MacBook Proには、新しいチップ「T1」が搭載されている。このT1の性能を生かした用途は、MacBook Pro以外にもさまざまなものが考えられそうだ。

[Paul Boldt(ned),EE Times]

Appleの新しいチップ「T1」

「MacBook Pro」(クリックで拡大) 出典:Apple

 最近開催されたAppleの「MacBook Pro」のイベント後、評論家らはほぼ例外なく、同製品にタッチスクリーン機能を搭載しないというAppleの選択を批判している。Microsoft(マイクロソフト)はAppleより2日前に開催したイベントで、タッチスクリーン機能を搭載したオールインワン型デスクトップPC「Surface Studio Pro」を発表した。マスメディアは“イノベーションの王冠”をAppleからMicrosoftに素早く移してしまったようだ。

 この記事では、タッチスクリーン機能の有無をめぐる論争を追求する代わりに、AsymcoがAppleの決定について筋の通った見解を発表したことを取り上げたい。

 Appleはイベントでもう1つ別の製品を発表した。新しいチップ「T1」である。マスメディアはT1を見落としているようだが、同チップは今後発売されるApple製品の要の1つとなる可能性がある。だからこそ、今はT1について考えるべき時なのだ。

 Appleのイベントで明らかにされたことは少ない。ファンクションキーに代わって搭載される新機能「Touch Bar(タッチバー)」に続き、ユーザーの指紋でログインできる「Touch ID」の詳細、そして下のスライドとともに、T1と「Secure Enclave」(セキュリティアーキテクチャ)が紹介された。明らかにされたのは、これでほぼ全てである。

出典:Apple

 Appleのイベントの翌日、arstechnicaAppleInsiderが記事を発表したが、arstechnicaの方には興味深い詳細がいくつも掲載されていた。

 それによると、「ARMv7」アーキテクチャを採用したCPUであるISP(Image Signal Processor)が搭載されている。グラフィックデータはGPUからT1に転送され、Touch Barに画像が表示される。また、Secure Enclave(Appleによる造語)は、指紋データを暗号化して保存するためのセキュリティアーキテクチャといわれている。

 まずチェックすべきは、ダイだ。Appleが説明しているように、T1はSoC(System on Chip)である。コアに関しては、CPUとISPの他に、恐らくGPUも搭載されている。T1はグラフィックスベースのコアであり、メインGPUから提供されるグラフィックス情報の処理方法や、画像処理の方法に特徴があるという。

 メモリに関してはどうだろうか。指紋データの保存にはSRAMのブロックを参照するのだろうか。それとも、パッケージ内に別のメモリダイがあるのだろうか。Secure Enclaveの機能のうち、暗号化は別のコアで行っていると考えられる。コアのいくつかは、Aシリーズのダイと似ていると予想される。例えば、Touch IDに関連するダイがそうだ。Touch IDはiPhoneやiPadと同じ機能なので、Aシリーズのダイと同様の処理や同量のデータが必要であり、同一のコアで処理していると考えられる。

 T1には2つの機能がある。1つ目は、メインGPUからグラフィックス情報を受け取って、表示用に処理することだ。Touch Barの画像をスクロールすると、この機能を理解しやすい。メインGPUからT1にRawイメージが連続して送られる。T1はスクロール画像を作製して、Touch Barに小さく細長い長方形状に並べて表示する。その中からユーザーが選んだ画像がメインディスプレイに表示されるという形だ。2つ目は、Touch ID向けの演算機能だ。T1は、「IntelのmacOS環境」と「Aシリーズ向けに開発されたTouch IDのARMベースシステム」の間で、橋渡し的な役割を担っている。

 Touch BarとTouch IDは、他のMac製品にも当然、搭載されるはずだ。デスクトップPCの場合、キーボードでこれらの機能が使えるようになるだろう。Touch BarとTouch IDを統合した新しいタイプの外付けキーボードが登場するかもしれないといわれている。その他の使い方としては、「Apple TV」のリモコンなどにも搭載できるかもしれない。

 T1は、Aシリーズのプロセッサから派生したと思われる、興味深いチップだ。その性能を生かした面白い用途は、他にもありそうだ。Apple TVは、その1つだろう。IoT機器にも採用できるかもしれない。Appleは半導体ICの設計に力を入れている。Appleで開発されたチップは、同社の製品ポートフォリオの幅を広げることにつながっていくだろう。“イノベーションの王冠”を他社に引き渡すのは、まだ早そうだ。

「Touch Bar」。Touch Barの最も小さいディスプレイは約13万ピクセルで、「Apple Watch」のディスプレイ(約12万ピクセル)よりも大きい(クリックで拡大) 出典:Apple

【翻訳:青山麻由子、滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.