ニュース
» 2016年12月15日 09時30分 UPDATE

ノキア「Connected Future」:IoTにはプログラム可能なネットワークが必要 (1/2)

ノキアは2016年12月13日にカスタマー向けプライベートイベント「Connected Future」を開催し、5G(第5世代)関連の技術などを紹介した。基調講演でノキアは次世代ネットワークアーキテクチャのコンセプトである「Future X」を紹介し、IoT(モノのインターネット)時代では、全てがプログラム可能な柔軟なアーキテクチャが必要になると主張した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

新しいネットワークアーキテクチャ「Future X」

 Nokiaの日本法人であるノキアソリューションズ&ネットワークス(以下、ノキア)は2016年12月13日、都内でプライベートイベント「Connected Future」を開催し、Nokiaの事業戦略や次世代ネットワークに向けた最新技術などを紹介した。

ノキア社長のジェジュン・ウォン氏

 2016年はNokiaにとって大きな動きがあった年だった。フランスの大手通信機器メーカーであるAlcatel-Lucent(アルカテル・ルーセント)の買収が完了したのだ。これによりNokiaの2015年度(2015年1〜12月)の売上高は266億ユーロとなり、研究開発費は45億ユーロの規模となった。シェアはLTE市場で第1位、固定ブロードバンドで2位となっている。

 Connected Futureの基調講演に登壇したノキアの社長を務めるジェジュン・ウォン氏は、次世代における主要なトレンドとして6つを挙げた。

  • どこでもインターネットにつながるためのネットワーク、コンピューティング、ストレージ
  • 兆単位のモノがインターネットにつながるIoT(モノのインターネット)
  • 機械や装置などでもタスクを自動化する拡張インテリジェンス
  • VR(仮想現実)やAR(拡張現実)を用いた、人とマシンの相互連携
  • シェアリングエコノミーやデジタル通貨の普及
  • 3Dプリンタで移植臓器を作るなど、さまざまな分野における業務のデジタル化
Nokiaのラウリ・オクサネン氏

 ウォン氏は、これら6つのトレンドにより、新しい技術へのニーズが増え、新たな事業機会を生み出すと述べた。そして、これらのトレンドが将来的に、日常生活において“当たり前”となるには、新しいネットワークインフラが必要になるだろうと付け加えた。

 そした新しいネットワークアーキテクチャとしてノキアが提唱しているのが「Future X」だ。同じく基調講演に登壇したNokiaのリサーチ&テクノロジー部門のバイスプレジデントを務めるラウリ・オクサネン氏は、「100億の人々、1兆個のモノを低コストのネットワークにつながなくてはならない時代がくる。全てをプログラミング可能なネットワークアーキテクチャにする必要がある」と強調する。

Nokiaが提唱する「Future X」の概要(クリックで拡大) 出典:ノキア

 オクサネン氏は、Future Xにおいて鍵となる要素をいくつか説明した。まずは、「大規模アクセス」である。これは、ビームフォーミング技術の活用やミリ波帯の使用など、いわゆる5G(第5世代移動通信)で実現しようとしている要素だ。

 「集中型エッジクラウド」は、ユーザーの近くにクラウドを配置することである。現在の中央集中型のクラウドだと、クラウドがユーザーから離れているため低遅延の通信を実現しにくい。クラウドをユーザーの近くに置く「エッジクラウド」であれば、遅延を抑えられる。「スマート・ネットワーク・ファブリック」は、クラウド同士をつなぐ、動的に再構成可能なIP/光ファブリックだ。オクサネン氏は、光イーサネットスイッチなどにより、柔軟な光通信が可能になるだろうと述べている。

 さらに、コアアーキテクチャを共通にすることで、セルラー、Wi-Fiなどさまざまな形態のアクセスに柔軟に対応できる「ユニバーサル・アダプティブ・コア」や、プログラム可能なネットワークOSも、Future Xに必要だと述べた。

 オクサネン氏は、「こうした1つ1つのネットワーク技術の進化が、人々の生活の質を向上させていく」と語った。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.