ニュース
» 2016年12月21日 15時30分 UPDATE

87%の効率で動作:IDT、Qi認証済み15Wワイヤレス給電キットを発表

IDTは、ワイヤレス給電規格「Qi 1.2.2」に対応した15Wワイヤレス給電レファレンスキットを発表した。エンジニアは短期間でワイヤレス充電機能を導入できるという。

[庄司智昭,EE Times Japan]

「Qi」の最新バージョンに対応

 IDTは2016年12月、15Wワイヤレス給電のレファレンスキットを発表した。同キットはトランスミッター(送信機)とレシーバー(受信機)などで構成され、Wireless Power Consortium(WPC)のワイヤレス給電規格「Qi 1.2.2」に対応している。エンジニアは、自身の設計において短期間でワイヤレス充電機能を導入できるという。

 Qi 1.2.2はQiの最新バージョンであり、最大15Wの給電が可能なだけでなく、受信機でも15Wまでの電力を受けることができるオプションなどが追加されている。

15Wワイヤレス給電のレファレンスキット (クリックで拡大) 出典:IDT

 トランスミッターICとして「P9242-R」、レシーバーICとして「P9221-R」を搭載。いずれも32ビットのARM Cortex-M0がベースの同社製品だ。87%の効率で動作するため、「有線式に匹敵する性能と、電飾損失・発熱を低減し、バッテリーの充電時間を短縮できる」(同社)とする。

 同キットには、ユーザーマニュアル、レイアウトガイド、レイアウトインスタンス化モジュール、回路図、部品表、ガーバーファイルなどのサポート資料も含まれる。

 標準小売価格は325米ドル。詳細は、同社のWebサイトから確認することができる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.