特集
» 2016年12月27日 11時30分 UPDATE

2015年に続いて、やまぬM&Aの嵐:2016年半導体業界再編を振り返る (6/6)

[竹本達哉,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

TDKがInvenSenseを買収=買収額約1500億円

 TDKは2016年12月21日、センサーを手掛ける米InvenSenseを買収すると発表した。買収額は約13億米ドル(約1570億円)。

 InvenSenseは、慣性センサー、加速度センサー、ジャイロセンサーなど各種センサーを主力にするファブレスメーカーで、近年、スマートフォンやゲーム機向けで急速にシェアを伸ばしていた企業だ。2016年3月期の売上高は4億1800万米ドルである。

 一方のTDKは、この1年間で、Micronas Semiconductor、Tronics Microsystemsに続く3件目のセンサー企業買収であり、センサー事業への注力ぶりがうかがえる。

 TDK社長の石黒成直氏は、InvenSense買収の目的として「1つは、非光学式センサーの製品ポートフォリオを拡充すること。2つ目は、InvenSenseが強みを持つ慣性センサー技術を獲得することで、センサーフュージョンなど、顧客のニーズによりマッチした製品を提供すること。3つ目は、TDKの販路や、Qualcommと設立した合弁会社であるRF360 Holdings Singaporeを活用することで、InvenSenseの製品を、ICTや自動車、産業機器の各市場に向けて拡大していくことである」の3つを挙げている。

関連記事
TDKがInvenSenseを1500億円超で買収


2017年も、M&Aの嵐は続くのか

 このように、2016年も半導体業界全体で合意、発表に至った買収劇の買収総額1000億米ドルを超えた。2015年に続き2年連続だ。2017年も総額1000億米ドルの買収劇が繰り広げられるかどうかは、全く予想がつかない。

 2016年は、Qualcommによる470億米ドルでのNXP買収合意があり、業界全体での買収総額を底上げした。2017年もこうした超巨大買収劇が起こらないとは限らないが、可能性としては、そう高くないように思われる。

 2016年以上に2017年再編が進みそうな領域としては、アナログ半導体が挙げられる。ADIのLinear買収を振り返った際にも紹介したが、ロジックやメモリといった領域に比べ、多くのメーカーが乱立している状況が続いている。そうした中で、ADIのLinear買収、ON SemiconductorのFairchild買収など、にわかにM&Aの動きが活発化している。「まだまだアナログ半導体メーカーの再編は始まったばかり、これからが本番」と指摘するアナログ半導体メーカー関係者は多い。驚くような大手アナログ半導体メーカー間のM&Aが起こっても、不思議ではないだろう。

 また、2016年もあったが、買収/合併後の統合作業において、シナジーや将来性が見込みにくい事業を売却するケースは少なくなく、2015〜2016年と多くの買収/合併が繰り広げられたため、2017年はより活発に事業の売買が行われそうだ。

前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.