ニュース
» 2017年01月05日 13時30分 UPDATE

DSP内蔵の新型マイコン:ルネサス、車載レーダー分野に本格進出

ルネサス エレクトロニクスは、自動運転に必要となる車載レーダー向けに新シリーズマイコンを市場投入する。これを機に車載レーダー分野へも本格進出する計画だ。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

レーダーセンサーの小型化とコスト節減を可能に

 ルネサス エレクトロニクスは2016年12月、車載レーダー向けマイコン「RH850/V1R-M」を発表した。新製品のサンプル出荷とDSPライブラリーの提供は2017年下半期より始める。

 同社は、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転に対応する車載レーダーに向けたDSP内蔵マイコンとして、新たに「RH850/V1Rシリーズ」を展開することにした。その第1弾となるのが中距離レーダーセンサー向け製品のRH850/V1R-Mである。

車載レーダー向けマイコン「RH850/V1R-M」の外観

 RH850/V1R-Mは、アクセラレーターとして動作周波数が320MHzのDSPコアを搭載した。これにより、CPUコアに負荷をかけることなく、FFT(高速フーリエ変換)やビームフォーミング、窓関数、チャネルキャリブレーション、ピーク検出などの演算処理を高速かつ低消費電力で実行することが可能となる。また、車載レーダーセンサー向けDSP用Mathライブラリも用意する。これを活用することでアルゴリズムの開発が容易となる。

 CPUは、動作周波数が320MHzの「G3MH」コアを2個搭載した。それぞれ3.2DMIPS/MHzの処理能力を持ち、セーフティ関連処理やトラッキング処理などを高速に実行する。また、40nmプロセス技術を採用しており、フラッシュメモリおよびRAMともそれぞれ2Mバイトの容量を内蔵する。車載向けにジャンクション温度の耐性は最大150℃を実現している。この他、レーダー信号入力用シリアルインタフェース「MIPI-CSI2(3ユニット×4レーン)」やCAN-FDコントローラ、Ethernetコントローラなどの機能も搭載した。

 パッケージは外形寸法が17×17mmの292端子BGAで供給する。製品の量産開始は2018年11月を予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.