ニュース
» 2017年01月06日 15時30分 UPDATE

UL 94V-0準拠の難燃性能:最大40GHzまで性能を発揮するノイズ抑制シート

日本モレックスは、最大40GHzまでの高周波ノイズ抑制性能を発揮するノイズ抑制シートを発表した。樹脂に導電フィラ―を含有することで高周波の電磁気エネルギーを吸収できるという。

[庄司智昭,EE Times Japan]

樹脂に導電フィラ―を含有

EMIノイズ抑制シート「HOZOX HF2」。ロール型の製品もあるようだ 出典:日本モレックス

 日本モレックスは2017年1月6日、最大40GHzまでの高周波ノイズ抑制性能を発揮するEMIノイズ抑制シート「HOZOX HF2」を発表した。磁性フィラ―を含有することで低周波の電磁気エネルギーを吸収するだけでなく、樹脂に導電フィラ―を含有することによって高周波の電磁気エネルギーも吸収できる。

 HOZOX HF2はシリコンをベースとした素材を活用し、柔軟性に優れ曲げやすいのも特長だ。多様な形状への貼り付け、巻き付けが可能という。「UL 94V-0」にも準拠した。

 同社は、2015年1月にHOZOX HF2の前世代となる「HOZOX」を発表している。HOZOXは2層構造によるノイズ吸収技術を採用していたが、HOZOX HF2では単層構造を採用した。この理由について、担当者は「2層構造はフラットな面に貼り付けできたが、凹凸がある面への貼りつけやケーブルに巻き付けることが難しかった。単層構造にしたことで柔軟性を向上し、さまざまな分野の顧客への提供が可能になる」と語る。性能に関しても、HOZOXの最大10GHzから最大40GHzまでノイズを抑制することを可能にした。

 価格については非公開、量産は既に開始している。同社では「高速I/Oや高性能ケーブル、高速ハブ、スイッチ、サーバなど幅広い用途に適する」とした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.