特集
» 2017年01月10日 11時30分 UPDATE

CES 2017:さらに進化したIoT機器がCESで一堂に会する (3/4)

[Junko Yoshida,EE Times]

事故を知らせてくれるヘルメット

 フランスのスタートアップCosmo Connectedは、ヘルメット(後ろ側)に取り付けるスマートデバイスを展示した。バイクが減速すると点灯し、ブレーキランプのような役割を果たす。

 さらに、バイクが転倒した時には緊急サービスなどに通知が行く機能も搭載している。必要であれば、転倒してから3分以内に緊急電話をかけ、GPSを基にバイクの位置を知らせることもできるという。

ヘルメットの後ろ側に取り付けるスマートライト

皮膚に直接刺してグルコースレベルを計測

 フランスのスタートアップPKvitalityは、「K-Track Glucose」「K-Track Athlete」といった優れたウェアラブル機器を発表している。同社は、「SkinTaste」という、独自技術を用いたバイオセンサーを持っている。このセンサーは、長さ0.5mmのマイクロニードル(針)から成るアレイで構成されていて、文字通り“味わって(Tasteして)”グルコースやラクトースのレベルなどを計測する。

PKvitalityが開発したラクトース計測デバイス

 PKvitalityによると、SkinTasteのマイクロニードルを皮膚に刺し、グルコースなどの成分を血液から直接吸収するという。同社のグルコース計測デバイスおよびラクトース計測デバイスはいずれも、FDA(米国食品医薬品局)の承認を待っているところだ。

マイクロニードルを搭載したバイオセンサー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.