特集
» 2017年01月10日 11時30分 UPDATE

CES 2017:さらに進化したIoT機器がCESで一堂に会する (4/4)

[Junko Yoshida,EE Times]
前のページへ 1|2|3|4       

いびきを止めてくれるベッド

 米国のSleep Numberが展示したスマートベッドは、何といびきを止めてくれるベッドだ。いびきを検知(イヌのいびきまで検知してくれる…!)するとベッドがわずかに動き、寝ているユーザーのポジションをちょっとだけ変えてくれる。それによっていびきが止まるというわけだ。このスマートベッドは、CES 2017で「Innovation Award」を受賞している。

Sleep Numberのスマートベッド

ニューラルネットワーク技術を搭載したアラーム

 Natatmoは、既に多数のIoTデバイスを開発しているメーカーだ。同社は10年以上稼働する煙探知機などを展示した。設計を最適化して10年という長寿命を実現したという。同社は、ニューラルネットワーク技術を採用したセキュリティアラームも発表する予定だ。このアラームは顔認識技術を使い、どの人物が出入りを許可されているのかを学習していくという。

センサーを埋め込んだIoTシャツ

 日本のスタートアップXenoma(ゼノマ)は、導電性の繊維と、ゆがみを認識するセンサーを埋め込んだIoTシャツ「e-skin」を展示した。e-skinには14個のセンサーが組み込まれていて、バイタルサインを測定できる。

日本発のIoTシャツ

コネクテッドハードドライブ

 フランスNovathingsの「Helixee」は、“コネクテッドハードドライブ”だ。同社のCEOを務めるChristophe Guionet氏は「Helixeeは、プライベートなWi-Fiに接続されるので、インターネットに接続しなくても、無線に接続されている状態を維持できる」と説明する。Helixeeは、ARMの「Cortex-A8」(動作周波数は1GHz)ベースのプロセッサを搭載し、512MバイトのSDRAMを内蔵している。電源電圧は5Vである。

コネクテッドハードドライブ「Helixee」

原文へのリンク

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.