ニュース
» 2017年01月10日 14時30分 UPDATE

車載チューナーをアンテナ近傍に:ヘッドユニットからチューナーを取り除く技術 (2/2)

[竹本達哉,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

アンテナ+チューナーに必要なICを1社で網羅

 こうしたリモートチューナーソリューションを実現するIC製品として、アンテナからの入力信号を復号、デジタル化するチューナーIC「MAX2175」を製品化。MAX2175に、GMSL用のデシリアライザーIC「MAX96708」、同シリアライザーIC「MAX96711」、さらに電源IC「MAX15027」「MAX20002」を組み合わせることで、リモートチューナーソリューションを構築できる。「アンテナ+チューナー部に必要なICを全てそろっている。こうしたワンストップソリューションを提供できるのも、Maximならではの特長だ」と言い切る。

リモートチューナーソリューションの構成例 (クリックで拡大) 出典:Maxim Integrated Products

 GMSLの通信速度は、最大3Gビット/秒で「8台のチューナー信号でも、1本の同軸ケーブルで伝送できる容量、速度を備えている」という。また「GMSLは、イーサネットケーブルよりも半分程度の細い径の同軸ケーブルで、電源も同時に伝送できる。他の車載ネットワーク技術よりも、実装が簡単で、細いケーブルで配線数を少なくできる利点がある。これまで、車載ディスプレイやカメラなどの映像伝送で広く活用され、車載分野のニーズに応えてきた。今後は、チューナー領域でもGMSLの活用が広がることになる」とする。

 なお、MAX2175は、ベースバンド処理をルネサス エレクトロニクス製車載用LSI「R-Car H3 SoC」などでソフトウェアによって行うことのできるSDR(ソフトウェアラジオ)方式を採用。ソフトウェアの変更で、DAB、FM、AM、DMB、DRM+、FM-HDなど「世界各国のアナログ/デジタルラジオ規格に対応できる」とする。MAX2175は、48ピンTQFNパッケージを採用し、サイズは7mm角になっている。

「MAX2175」の概要 (クリックで拡大) 出典:Maxim Integrated Products
前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.