ニュース
» 2017年01月10日 16時30分 UPDATE

タッチパネルをなぞるだけ:“スライド式”の手のひら静脈認証技術 「世界初」

富士通研究所は2017年1月10日、「世界初」となる手のひら静脈を用いたスライド式の認証技術を開発したと発表した。タッチパネルをさっとなぞるだけで認証が行えるという。

[庄司智昭,EE Times Japan]

従来技術とは異なる「スライド式」

 タッチパネルをさっとなぞるだけで認証が行える――。富士通研究所が2017年1月10日に発表したのは、手のひら静脈を用いたスライド式の認証技術である。

 同研究所はこれまでにも偽造が困難な手のひら静脈認証技術などを開発し、銀行のATM(現金自動預払機)やノートPCで実用化を進めてきた。手のひら静脈認証は、生体を透過しやすく安全な近赤外帯域の波長の照明を用いて撮像し、体内にある静脈のパターンを読み取って認証する。照明部と撮像部から構成され、手のひら全体に対して均一の明るさで光を照射するため、照明部は撮像部の周囲を取り囲むように配置されている。

 照明部の幅は光学ユニットの中で最も広く、小型化における課題となっていた。撮像部は、小型化すると静脈パターンを読み取れる範囲が狭くなるため、登録時と照合時で読み取る範囲が大きくずれる場合に認証されにくいなどの課題があるという。つまり、光学ユニットの小型化と確実な認証の両立が課題となっていた。

試作した光学ユニット 出典:富士通研究所

 今回、光の回折現象を応用した拡散機能と集光機能を持つ複合光学素子を新たに開発。LED光源からの光を回折させて斜め上空に照射して、照明部よりも広く四角い形状の領域を均一の明るさで照明を行う。撮像する四角い範囲を狙い光を均一の明るさで照射することで、LED使用数を減らしている。照明部と撮像部を一列に配置した構造にすることで、幅の狭いモバイル端末のフレーム部に収まる8mm幅へと小型化を実現した。

 分割して読み取った静脈パターンを照合するアルゴリズムも開発。同研究所は、表示されるガイドに沿ってモバイル端末のタッチパネルを指でタッチしてスライドすると、光学ユニット上を通過する手のひらが連続して撮像される流れをイメージしている。その時、同時にタッチパネルからは指の座標情報も記録されている。

 担当者は「小型化によって一度に読み取れる範囲は狭くなっても、手をスライドさせることで分割して読み取った静脈パターンと。タッチパネルから得られる座標情報を組み合わせることで、これまでと同様の制度で認証を可能にした」と語る。リリースによると他人受入率は0.001%、本人拒否率は0.01%だ。

操作方法と処理の流れ 出典:富士通研究所

 同研究所では光学ユニットと照合アルゴリズムの開発を進め、小型タブレット端末などで2017年度中の実用化を目指す。スマートフォンへの実用化に関しては「可能性は感じているが、さまざまなOSへの対応など課題は多い」(担当者)としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.