ニュース
» 2017年01月12日 12時00分 UPDATE

ウエハーテスト事業:会津富士通セミ、テラプローブとの合弁会社を売却へ

富士通セミコンダクターの子会社である会津富士通セミコンダクターは、テラプローブと設立した「会津富士通セミコンダクタープローブ」の全所有株式をテラプローブに売却すると発表した。

[庄司智昭,EE Times Japan]

テラプローブ100%へと変更

画像はイメージです

 富士通セミコンダクターの子会社である会津富士通セミコンダクターは2017年1月11日、テラプローブと設立した合弁会社の出資比率を変更すると発表した。

 合弁会社の「会津富士通セミコンダクタープローブ」は2015年10月15日に設立し、2016年1月からウエハーテスト事業を行っていた。持ち株比率は、これまでの会津富士通セミコンダクター65%、テラプローブ35%から、テラプローブ100%へと変更される。

 出資比率変更の理由について、富士通セミコンダクターの経営戦略室は「合弁会社はこれまで会津富士通セミコンダクター子会社のウエハーテストを中心に扱ってきたが、さらなる成長のためにはテラプローブの他事業拠点と連携を強化し、会津富士通セミコンダクター以外の受託数量も拡大することが最も有効と判断した」と語る。

 株式の譲渡は、2017年2月1日付で実施する。譲渡後、会津富士通セミコンダクタープローブは社名を「テラプローブ会津」に変更する予定だ。なお会津富士通セミコンダクターは、今後もウエハーテストをテラプローブ会津に委託する予定としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.