連載
» 2017年01月18日 11時30分 UPDATE

世界を「数字」で回してみよう(38) 人身事故(10):本当に怖い「飛び込み」の世界、知っておきたい4つの知識 (1/9)

「人身事故」を真面目に検証するこのシリーズも、いよいよ佳境に入ってきました。最終フェーズとして「人身事故物理シミュレーション」を行っていますが、今回は、このシミュレーションを、より深く理解してもらうための4つの予備知識を説明します。今回もツラいです。それでも、「飛び込み」をなくすには、「飛び込んでから」の痛みを想像できるようになることが重要だと、私は思うのです。

[江端智一,EE Times]
アイコン

「世界を『数字』で回してみよう」現在のテーマは「人身事故」。日常的に電車を使っている人なら、1度は怒りを覚えたことがある……というのが本当のところではないでしょうか。今回のシリーズでは、このテーマに思い切って踏み込み、「人身事故」を冷静に分析します。⇒連載バックナンバーはこちらから


アンケートにご協力いただける方を募集中です

 本連載について、メールで、簡単なアンケートなどに応じていただける方を募集しております。

 こちらのメールアドレス(one-under@kobore.net)に『アンケートに応じます』とだけ書いたメールを送付していただくだけで結構です(お名前、自己紹介などは必要ありません)。ぜひ、よろしくお願い致します。

 なお、アンケートにご協力いただいた方には、江端の脱稿直後の(過激なフレーズが残ったまま?の)生原稿を送付させていただくという特典(?)がついております。


多分、いい話だ

 意識している訳ではありませんが、嫁さん、長女(高3)、次女(中2)、そして私の4人で、結構な頻度でディベートのまね事(ディベートもどき)のようなことをすることがあります。

 これは「家族だんらん」というものとは一線を画します。なぜなら、そのテーマが哲学や倫理に関するものであったりしますし、それなりに「言い合い」にもなるからです。

 「ディベートもどき」での話題は、私がその時に、連載を担当しているテーマに関することが多く、最近では「自殺」や「人工知能」について、家族で突っ込んだ会話をしています。

 かつては、「人工生殖(クローン)*)」「同性愛」「原発」「初音ミク」「同人誌(の著作権)」「化物語(西尾維新先生)」「タイムマシン(シュタインズ・ゲート)」などでも、いろいろな議論をしました。彼女たちの意見は、私の発想の斜め上から繰り出されてくるものが多く、会話していて得るものが多いのです(実際に、何度も連載のネタになっています)。

*)例えば、「「親子でありながら、同時に双子の姉妹」に関する、江端家父娘のディベート」(参考)など

 基本的には、この「ディベートもどき」は、私が話題を振って、家族がその話題について、持論を展開する形になっています。ロジック無視で持論を展開してもO.K.としているので、「勝ち負け」もありません。

 それでも、私は、嫁さんや娘たちに『論破された』と感じることはあり、その時は、素直に「負けました」と頭を下げ、その後は、私は、自分の主張をホイホイと修正してしまいます。


 ある日のこと、嫁さんが娘たちに話しかけていました。

嫁さん:「『パパが特別』なんだからね」

 娘たちは、訳が分からないという顔で、嫁さんの次の言葉を待っていました。

嫁さん:「世の中の男が、妻や子どもに意見されて、そのまま意見を聞くと思っていたら、大間違いだからね。世の中には、いまだに、女子供に意見されたというだけで、キレるバカな男が多いんだからね

嫁さん:「パパは、『筋が通っていて』、『論理的に閉じている』意見であれば、誰のどんな意見でも ―― 私たちの意見でも ―― 抵抗なく取り入れることができる人だけど、そんな男はまれだからね」

 ―― だからね、パパを基準として「男」を判断すると本当にひどい目に遭うからね

と娘たちに言い聞かせていました。

 そして、その嫁さんの話を聞いていた私は、こう思うことにしました。

 『何だか、けなされているような気もするが、多分いい話だ

       1|2|3|4|5|6|7|8|9 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.