ニュース
» 2017年01月18日 13時30分 UPDATE

4K解像度やHDR品質に対応:NXP、新i.MX 8Mプロセッサファミリーを発表

NXP Semiconductorsは、アプリケーションプロセッサ「i.MX 8M」ファミリーを発表した。4K解像度やHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応した動画、オーディオ配信用機器などの用途に向く。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

最新のストリーミングメディアをサポート

 NXP Semiconductorsは2017年1月、アプリケーションプロセッサ「i.MX 8M」ファミリーを発表した。4K解像度やHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応した動画/オーディオ配信用機器などの用途に向く。

 i.MX 8Mファミリーは、動作周波数が1.5GHzのARM Cortex-A53コアを最大4個と、Cortex-M4コアを1個、及びメディア処理用のGPUなどを集積している。搭載するCPUのコア数や周辺回路などの違いによって、複数の製品を用意している。

「i.MX 8M」ファミリーの機能ブロック概要 出典:NXP Semiconductors

 例えば「i.MX 8M Dual/i.MX 8M Quad」は、ARM Cortex-A53コアを2個/4個、Cortex-M4Fコアを1個およびGPU「GC7000Lite」「4Kp60」や「H.265」「VP9」に対応するビデオデコード機能などを集積している。この他、各種セキュリティ機能や高速シリアルインタフェースなどを搭載した。

 「i.MX 8M QuadLite」は、ARM Cortex-A53コアを4個、Cortex-M4Fコアを1個、GPU「GC7000Lite」を統合している。また「i.MX 8M Solo」はARM Cortex-A53コアとCortex-M4Fコアをそれぞれ1個、GPUとして「GC7000nanoULTRA」を集積した。

 i.MX 8Mファミリーは、限定的なサンプル出荷を2017年4〜6月から始める。本格出荷は2017年10〜12月となる予定。また、i.MX 8システムのプロトタイピング向けに、i.MX 8マルチセンサリーイネーブルメントキット(MEK)を用意している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.