ニュース
» 2017年01月23日 15時30分 UPDATE

国際カーエレクトロニクス技術展:自動運転でFPGAの期待値高まる、ザイリンクスがデモ (2/3)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

顔と目の位置を正確にトラッキング

 ザイリンクスの顧客企業であるFovioは、Zynq-7020を用いたドライバーモニタリングシステムを展示した。IR(赤外線)ライトとIRカメラを用いて、ドライバーの顔と目の位置をリアルタイムでトラッキングする。IRカメラを用いていることから、サングラスをかけたりマスクを着用したりしていても、顔と目の位置を正しく特定できる。

左=デモの様子。手前にあるのが、IRライトとIRカメラを搭載したユニット/中央=目をトラッキングしているところ。上を見ている、目が開いている、といったことを検出できる。実はこの時、写真の人物はサングラスをかけていた。それにもかかわらず、ここまで正確に目をトラッキングできる/右=このシステムに搭載しているZynq-7020。同チップに、画像処理のアルゴリズムを実装している(クリックで拡大)

 ドライバーモニタリングシステムは、今後のADASにおいて必須になってくると考えられている。このようなシステムを、ローエンドのZynq-7020を使うことで、コストを抑えて開発できるようになるとザイリンクスは説明する。「目のトラッキングをもう1歩進め、HUD(ヘッドアップディスプレイ)を視線で制御するといったことも可能になるだろう」(ザイリンクス)

4つのカメラを用いたサラウンドビューシステム

 4つのカメラを用いたサラウンドビューシステム(Xylonが提供)も展示した。クルマの前後左右に搭載した4つのカメラで得た画像を、Zynq-7020でリアルタイムに合成し、AR(拡張現実)技術を使って鳥瞰図としてディスプレイに表示する。このような処理は、これまでは大型PCにグラフィックボードを接続したようなシステムがなければ難しかった。それを1個のZynq-7020で実現できるようになっている。

デモに使用した、クルマを模したシステム。4つのカメラを搭載し、周囲の画像を撮影している(クリックで拡大)

 ザイリンクスは「このようなシステムはカーナビゲーションシステムなどでニーズがある。駐車する時にも便利だ。今後は、こうしたサラウンドビューシステム向けのチップは、(28nmプロセスを適用しているZynq-7020から)16nmプロセスのZynq UltraScale+MPSoCに移行していく予定だ。データアナリティクス機能も搭載し、歩行者などを認識できるようにしたい」と説明する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.