ニュース
» 2017年01月30日 15時30分 UPDATE

AEC-Q100規格に準拠:NORフラッシュの製品拡充、車載やIoT機器向け

Cypress Semiconductor(サイプレス セミコンダクタ)は、Quad SPI搭載のNOR型フラッシュメモリ「FL-L」ファミリーとして、64Mビット品と128Mビット品を新たに追加した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

組込みシステムに高い信頼性と安全性を提供

 Cypress Semiconductor(サイプレス セミコンダクタ)は2017年1月、Quad SPI(クアッドシリアルペリフェラルインタフェース)を備えたNOR型フラッシュメモリ「FL-L」ファミリーとして、64Mビット品と128Mビット品を新たに追加したと発表した。

FL-Lファミリー製品の外観

 新製品は、車載用半導体の信頼性試験「AEC-Q100」規格に準拠しており、動作温度範囲は−40〜125℃と広い。セクターサイズは4kバイトである。また、128Mビット品は67Mビット/秒のデータ転送帯域を、133MHzSDRモードと66MHzDDRモードで実現。64Mビット品は54Mビット/秒のデータ転送帯域を54MHzDDRモードで実現している。このため、プログラムを高速で実行することが可能となる。

 この他、128Mビット品は、256バイト当たりのプログラム時間が0.30ミリ秒で、消去時間は50ミリ秒となっている。電池の長時間使用を可能にするための低スタンバイ電流とディープパワーダウンモードなどもサポートしている。パッケージは、量産中の64Mビット品が24端子BGA、8端子SOICおよび8接点USONで供給。128Mビット品は24端子BGA、8端子SOICおよび8端子WSONに実装してサンプル出荷を始めた。量産開始は2017年第2四半期(4〜6月)を予定している。

 新製品は、先進運転支援システム(ADAS)や車載インスツルメントクラスター、インフォテインメントシステム、産業機器、制御機器、ネットワーク機器、IoT(モノのインターネット)機器など、高い安全性や性能が求められる用途に向ける。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.