ニュース
» 2017年01月31日 15時35分 UPDATE

戦略的方向性一致せず:ルネサス ボード製造事業などをマクセルへ譲渡

ルネサス エレクトロニクスは2017年1月31日、子会社で展開する産業用制御ボード、画像認識システム事業を日立マクセルに譲渡すると発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

羽黒電子以来の事業

 ルネサス エレクトロニクスは2017年1月31日、完全子会社であるルネサス セミコンダクタパッケージ&テストソリューションズ(以下、RSPT)で行っている産業用制御ボード受託開発、製造事業と、画像認識システムの開発、製造、販売事業を日立マクセルに譲渡すると発表した。譲渡額は公表していない。

 事業譲渡するのは、半導体製造装置向けをはじめとした各種産業用制御ボード事業と、画像認識システム事業。2014年にRSPTが吸収合併した羽黒電子が手掛けてきた事業にあたる。売り上げ規模は、2016年3月期実績で約50億円。ルネサスによると譲渡対象事業は「継続して利益を創出している」とするが、「半導体の設計、開発、製造、販売を主とした当社グループ事業との戦略的方向性が必ずしも一致していない状況に鑑み、当社は、本事業の更なる拡大やシナジー効果を期待できるパートナー企業を模索してきた」という。

 事業を譲り受ける日立マクセルは「譲受事業が長年培った画像認識システムの開発、製造及び販売力を積極的に活用し、当社の画像処理技術および光学技術との融合により成長分野での拡大を図っていく。受託開発、製造事業の持つ高い設計力と人財のシナジーにより、新規事業の創出および収益力強化につなげていく」としている。

 事業譲渡は、譲渡対象事業と同事業に従事する従業員を全て会社分割により新設会社に移管し、新設会社の全株式が日立マクセルに譲渡される形で行われる。譲渡完了日は2017年5月1日を予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.