ニュース
» 2017年02月02日 10時30分 UPDATE

三菱マテリアル:アンテナ設計の最適化ソリューション、提供開始

三菱マテリアルは、「アンテナ設計の最適化ソリューション」の提供を始めた。アンテナ設計に関する十分な知識や経験がないIoT機器メーカーなどでも、無線通信機能搭載の製品を早期に開発できるよう支援していく。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

専用ウェブサイトで、設計事例などを確認

 三菱マテリアルは2017年1月、「アンテナ設計の最適化ソリューション」の提供を始めたと発表した。アンテナ設計に関する同社のノウハウや技術を生かし、顧客のアンテナ設計を支援していく。

 同ソリューションは、無線通信機器の開発において顧客が抱えるアンテナ設計時の課題解決と、性能改善に向けた提案を行うサービスである。特に、アンテナの設計のとどまらず、自社で保有する専門設備を活用して、開発中の製品構造や部品レイアウトに対する評価や解析も行うなど、顧客に対して最適な開発環境を提供していく予定である。

 具体的には、電波暗室を用いた2D/3D放射パターンの評価、総放射電力(TRP:Total Radiated Power)/総等方性受信感度(TIS:Total Isotropic Sensitivity)評価設備を用いたセルラー帯アクティブ測定による評価/解析、疑似人体モデルとリバブレーションチャンバーを用いた小型アンテナの放射効率測定及び人体への影響評価、3次元CADなどの設計データを活用した電磁界シミュレーション、などのサービスを提供する。

左は小型アンテナの放射効率測定を行うためのリバブレーションチャンバー、右は疑似人体モデル(頭部) 出典:三菱マテリアル
左は電磁界シミュレーション結果の一例、右は3次元(球面)測定システムの外観 出典:三菱マテリアル

 同ソリューションの対象となる通信周波数は400MHz〜5GHz帯。代表的な製品としてスマートメーター装置、テレメーター装置、3G/LTEに対応するセルラーフォン/スマートフォン、GPS装置、BluetoothやWi-Fi対応機器などを挙げる。

 同社は、アンテナ設計の最適化ソリューションに対応する専用ウェブサイトも開設した。具体的な事例などを専用サイトで確認することができる。同ソリューションの提供価格は、個別見積もりとなる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.