ニュース
» 2017年02月10日 09時30分 UPDATE

地元メーカーの成長が目立つ:「iPhone」シェア、中国で初めて減少

2016年第4四半期(10〜12月)、中国のスマートフォン市場におけるAppleのシェアが、同社が中国市場に参入して以来、初めて下がったことが明らかになった。中国の消費者は、“国産”のスマートフォンを購入するようになっているようだ。

[Alan Patterson,EE Times]

Appleのシェアが減少

 OPPO、Huawei、vivo、Xiaomiという中国の4大メーカーの、中国における2016年第4四半期のシェアは、合計すると57%となった。前年同期の46%から増加している。

 IDCによると、2016年における中国のスマートフォン市場は、2015年に比べて9%成長した。2016年第4四半期だけ見ると、前四半期比で17%成長している。

中国市場における、2016年第4四半期(10〜12月)のスマートフォンシェア
順位 メーカー名 2016年10〜12月
出荷台数
2016年10〜12月
市場シェア
2015年10〜12月
出荷台数
2015年10〜12月
市場シェア
前年同期比
増減
1 OPPO 2450万台 18.1% 1170万台 10.2% 109.2%
2 Huawei 2290万台 16.9% 1790万台 15.7% 27.7%
3 vivo 2170万台 16.0% 1100万台 9.7% 96.4%
4 Apple 1490万台 11.0% 1710万台 15.0% ▼12.8%
5 Xiaomi 1010万台 7.4% 1690万台 14.8% ▼40.5%
その他 4160万台 30.7% 3970万台 34.7% 5.0%
合計 1億3570万台 100.0% 1億1430万台 100.0% 18.7%
出典:IDC

 中国市場におけるAppleのシェアは2016年第4四半期に、初めて下がった。

 中国における「iPhone」の出荷数は、2016年は4490万台で、2015年の5840万台よりも減少した。シェアも、2015年から4ポイント減少して9.6%となっている。

 2016年の中国市場における上位3メーカーはOPPO、Huawei、vivoだ。OPPOの販売台数は7840万台。7660万台を販売したHuaweiが2位に続く。

OPPOのエントリー機種「A57」

 IDCのアジア太平洋地域を担当するシニアマーケットアナリストTay Xiaohan氏は、「ユーザーは、より多くのアプリを使用するようになっている。そのため、さらに高性能なスマートフォンを求める傾向が強くなり、2016年第4四半期の好調につながった」と分析している。「比較的小規模の都市でも同様のニーズがあり、OPPOとvivoは、これらの都市でミッドレンジの機種を積極的に販売していた」(同氏)

 ただ、Appleのシェアは回復する見込みがある。IDCは、中国のiPhoneユーザーは、2017年に発売される予定の新機種を待っている状態なので、Appleの2017年の売上高(中国での)を押し上げる原動力になるだろうとみている。2017年は、iPhoneの“10周年”でもある。ハイエンドのアンドロイド端末ユーザーの中には、これを機にiPhoneへの乗り換えを検討している者もいるという。

 Appleは2017年1月、2017年度第1四半期(2016年10〜12月)の決算を発表した。売上高は784億米ドルと過去最高を記録したが、中華圏での売上高は162億米ドルと、2016年度第1四半期(2015年10〜12月)の183億7000万米ドルに比べて12%減少した。

【翻訳、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.