ニュース
» 2017年02月14日 10時30分 UPDATE

車室内の音像をより正確に表現:ローム、車載向けハイレゾ音源対応プロセッサ

ロームは、ハイレゾリューション(ハイレゾ)音源対応の車載オーディオ機器向けサウンドプロセッサ「BD34602FS-M」の量産を始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

音源が持つ情報量を余すことなく引き出す

 ロームは2017年2月、ハイレゾリューション(ハイレゾ)音源対応の車載オーディオ機器向けサウンドプロセッサ「BD34602FS-M」の量産を始めたと発表した。

BD34602FS-Mの外観

 BD34602FS-Mは、一般的にサンプリング周波数が96kHz以上、量子ビット数が24ビット以上の情報量を持つ「ハイレゾ音源」に対応した製品である。新製品は、音質を向上させる回路構成の採用や28項目の独自パラメーターを最適化するなど、独自の音質設計技術を導入している。

 しかも、ひずみ率は0.0004%、フロアノイズは3.1μVrmsを達成するなど、車載オーディオ機器用サウンドプロセッサとして、業界最高クラスの特性を実現した。これらの技術によって、車室内における音源の位置や距離感など、音像をより正確に再現することが可能となる。

車載オーディオ機器におけるサウンドプロセッサの位置付け 出典:ローム

 オーディオ信号処理の核となるオーディオ用SoCは、微細加工プロセスの採用などにより、取り扱うオーディオ信号はより小さくなっている。このため、相対的にフロアノイズが増加することとなり、SoCの後段に用いられるアナログボリューム回路では、低ノイズ化が求められている。

 新製品は、中点バイアス回路のノイズを約20%抑制し、ボリューム回路で発生する低域ノイズを最大1/10とするなど大幅に低減した。さらにレイアウトの工夫で信号間の干渉を抑えることで、トランジェント特性を改善している。この結果、音像や解像度(音の明瞭度合い)をさらに向上させることができたという。

左は新製品と従来品のアナログボリューム回路の音質比較データ、右はボリューム回路のノイズ特性 出典:ローム

 この他、ナビ音声やハンズフリー機能に必要となる音声割り込み機能(ミキシング機能)を搭載している。しかも、独自のアドバンストスイッチ技術を導入することで、この機能をオン/オフする時に生じていたポップノイズを低減している。

BD34602FS-Mの主な仕様 (クリックで拡大) 出典:ローム

 BD34602FS-Mは、すでにサンプル出荷中でサンプル価格(税別)は2000円。2017年1月より月産10万個体制で量産を始めた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.