ニュース
» 2017年02月15日 15時30分 UPDATE

電力消費は競合製品の半分:マイクロセミ、ミッドレンジFPGA分野に進出 (1/2)

Microsemi(マイクロセミ)は、ミッドレンジFPGA市場へ本格進出する。競合製品に比べて電力消費を最大50%削減しつつ、クラス最高レベルのセキュリティを実現した「PolarFire」ファミリーを発表した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

通信やインダストリー4.0向けに機能やコストを最適化

ミッドレンジFPGA「PolarFire」ファミリーの外観

 Microsemi(マイクロセミ)は2017年2月14日、競合製品に比べて電力消費を最大50%削減しつつ、クラス最高レベルのセキュリティを実現したミッドレンジFPGA「PolarFire」ファミリーを発表した。低消費電力で価格性能比に優れた製品群を加えることで、通信やインダストリ4.0分野などで需要が拡大するミッドレンジFPGA市場へ本格進出する。

 同社は、プログラマブルロジック事業で30年の歴史を持つ。放射線性能を強化したアナログミックスドシグナル集積回路やFPGA、SoCといった製品を、航空宇宙/防衛システムや通信装置、データーセンター用装置などに向けて供給している。FPGAは、ロジックエレメント(LE)数が最大150kの低集積FPGAを主体に事業を展開してきた。

 今回発表したPolarFireファミリーは、同社にとって第5世代となるFPGA製品。1〜40Gビット/秒のデータ転送レートが要求される用途などを主なターゲットとして開発した。ミッドレンジFPGAの性能とローエンドFPGAの価格を兼ね備えた製品である。

 LE数は最大500の集積度とし、12.7Gビット/秒のシリアライザー/デシリアライザー(SerDes)トランシーバーを搭載している。主要ターゲット向けに機能や性能を最適化することで、少ない電力消費と高い価格性能比を両立した。

PolarFireファミリーがターゲットにする領域 (クリックで拡大) 出典:マイクロセミ
マイクロセミのSoC製品グループで、バイスプレジデント兼ビジネスユニットマネージャーを務めるBruce Weyer氏(左)と、同グループでプロダクトラインマーケティングのシニアディレクターを務めるShakeel Peera氏(右)

 PolarFireファミリーは、標準的なCMOSプロセスをベースとする28nmのSONOS(Silicon Oxide Nitride Oxide Silicon)不揮発性プロセス技術を、同社として初めて採用した。マイクロセミのSoC製品グループで、プロダクトラインマーケティングのシニアディレクターを務めるShakeel Peera氏は「SONOS技術を用いることで、従来のプロセス技術に比べ、トンネル酸化膜を薄くしても同等の信頼性を実現できる」という。

 この結果、これまではプログラミング、消去電圧として17.5Vが必要だったが、新製品は7.5Vで済む。これにより、トランジスターの集積度も高めることができ、コスト低減を可能とした。ミッドレンジFPGA向けに開発した12.7Gビット/秒のSerDesトランシーバーを採用したことも、面積効率などの点でコスト最適化を可能にしたという。

PolarFireのアーキテクチャ (クリックで拡大) 出典:マイクロセミ
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.