ニュース
» 2017年02月22日 09時30分 UPDATE

IC Insights調べ:2016年半導体業界の研究開発費トップ10、東芝5位

IC Insightsは、2016年の半導体業界における研究開発費メーカー別ランキングを発表した。

[庄司智昭,EE Times Japan]

世界全体の23%占めるIntel

画像はイメージです

 米国の市場調査会社IC Insightsは2017年2月、2016年の半導体業界における研究開発費メーカー別ランキングを発表した。それによると、Intelが前年比5%増の127億米ドルでダントツの1位となっている。127億米ドルは上位10社の研究開発費の36%、世界全体の23%を占めている。IC Insightsは「IC技術の開発コストが増加する中で、Intelの売上高に占める研究開発費の割合は、過去20年間で大幅に上昇した」とコメントする。1995年には9.3%、2005年には14.5%だったのに対して、2016年は22.4%になっている。

 トップ5社にはIntelに続き、Qualcomm、Broadcom、Samsung Electronics、東芝がランクインした。Qualcommは、2015年に買収したCSRとIkanos Communicationsの研究開発費も含まれているが、前年比7%減の51億米ドルで2位となっている。しかし、売上高に占める研究開発費の割合は33.1%と、上位10社の中で最も高い。

 3位は、Avago TechnologiesがBroadcomを買収して誕生した新生Broadcomで前年比4%減となる32億米ドル。4位のSamsung Electronicsは前年比11%増となる29億米ドルだが、売上高に占める研究開発費の割合は6.5%と上位10社の中で最も低い。

IC Insightsの調査結果を基に作成 (クリックで拡大)

 メモリ事業を分社化し、過半の株式売却を検討することを発表した東芝*)は、前年比5%減となる28億米ドルで5位だ。3次元構造のNAND型フラッシュメモリの研究開発に大きな投資を行い、2015年の7位から順位を2つ上げた。6位以降は、TSMC、MediaTek、Micron Technology、NXP Semiconductors、SK Hynixがランクインした。

*)関連記事:東芝、メモリ新会社の過半株式を売却へ

 2016年の研究開発費総額は、過去最高を記録した2015年から1%増となる565億米ドル。研究開発費の伸び率低下に関して、IC Insightsは「世界の半導体売上高が2015年に1%減少した後、2016年も一桁台の成長にとどまったことが原因」とコメントした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.