特集
» 2017年02月23日 15時30分 UPDATE

日本の企業も:自動運転実現の鍵を握る、注目すべき新興企業9社 (1/4)

自動運転車の開発は、自動車メーカーや半導体メーカー、ソフトウェアメーカーなどが連携して取り組むことが、もはや常識になっている。とりわけ際立っているのが新興企業の存在だ。彼らに共通するのは、自動運転に必要な、極めて高度な知識と技術を有しているということである。

[Junko Yoshida,EE Times]

次なる「Waymo」はどこなのか?

 Ford Motor(Ford)が2017年2月10日(米国時間)、米国ペンシルベニア州ピッツバーグに拠点を置くArgo AIに10億米ドルを投資すると発表した。Argo AIはこの時まで、無名の技術新興企業の中の1社にすぎなかった。

 Argo AIは、2人のロボット工学専門家(Google出身のBryan Salesky氏と、Uber出身のPeter Rander氏)が、2016年11月に設立したばかりの新しい企業だ。同社は、Fordが接触してくるまでの間、実に巧妙に人目を忍んでいたといえる。

 ここで、ある考えが浮かんでくる。

 どこかの企業に拾い上げてもらうのを待ちながら、次なる「Waymo(Googleの持ち株会社であるAlphabetが設立した、自動運転技術を開発する会社)」となることを目指している技術新興企業は、一体、何社ほど存在するのだろうか。

 さらに重要なのが、それはどのような企業なのかという点だ。

 FordがArgo AIへの投資を発表したことから、両社がいかに互いを必要とし合っていたかがよく分かる。しかし、最終的にこの協業関係を成功させるのは、決して容易なことではない。

左からArgo AIのCOO(最高執行責任者)であるPeter Rander氏、CEO(最高経営責任者)のBryan Salesky氏、FordのCEOであるMark Fields氏、FordのCTO(最高技術責任者)であるRaj Nair氏 出典:Ford

 Fordは今回、プレジデント兼CEOであるMark Fields氏が「ハイブリッドモデル」と呼ぶ、ビジネスモデルを開発した。FordはArgo AIの大株主になるが、Argo AIは高い独立性を維持するという。Argo AIは、自社株式を大量に保持することができるため、トップクラスの人材を確保しやすくなる。

 General Motors(GM)は2016年に、自動運転車の開発を手掛ける新興企業Cruise Automationを、10億米ドルを超える金額で買収しているが、GMにとっては過剰な支払いなのではないかと懸念された。しかし実際のところ、GMは、長い期間をかけて10億米ドルを支払うという契約にまとめ上げた。GMが、技術開発チームを完全な状態のまま維持し、Cruise Automationの人材を流出しない考えであることがよく分かる。

Cruise Automationの技術を搭載した電気自動車「シボレー・ボルトEV」 出典:GM

 IHS Automotiveのインフォテインメント&ADAS(先進運転支援システム)部門でリサーチディレクターを務めるEgil Juliussen氏は、「GMは、Cruise Automationを独立グループとして確保した。Cruise Automationの開発チームは、自社の技術を、GMの他のモデルの車にではなく、電気自動車だけに統合することに注力する。これは、実に正しい方法だといえる。GMがCruise Automationの開発チームを非常にうまく取り入れたことに、大いに感銘を受けた」と述べている。

 一方、FordとArgo AIのビジネスモデルは、これとは少し異なる。Fordは、自動運転車開発チームの一部を、子会社となるArgo AIに統合する予定だからだ。

 いずれの場合も、ここから得られる教訓は、「ただ単に、正しいパートナーを見つければよいのではない」ということだ。協業関係を成功に導くためには、単純に買収するだけでは不十分なのである。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.